仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

取引のリスクやコストを軽減するLoopring(LRC)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではユーザーを取引先リスクから守り取引コストも軽減できると評判のLoopring(LRC)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名Loopring
通貨略号LRC
公開日2017年8月
時価総額順位45位
発行枚数(上限枚数)1,395,076,054 LRC
取り扱い取引所binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

LRCの価格推移チャート







LRCの基本情報

ループリングはプロトコルだけでなく、暗号トークンを介して取引を行う分散型の自動実行システムです。ユーザーが取引先から何らかの問題に巻き込まれる可能性を低くしたり、取引にかかるであろうコストを削減すると言う点が大きなメリットです。

また、暗号通貨の流動性を高めるとされていますので、将来的には便利な金融システムを構築するのではないかと言われています。

さらにループリングは分散型取引所プロトコルでもあるので、ループリングの分散型取引所システムのコアとなっているイーサリアムのスマートコントラクトとして実装され、仮想通貨の世界では昔から用いられていた中央集権型の取引所には無い独自の優位性が特徴的です。

LRCの特徴

・カウンターパーティーと為替リスクの軽減
・高い流動性
・関係者全ての公平性
・透明性が高い
・セキュリティもしっかりしている
・ループリングエコシステム

カウンターパーティーと為替リスクの軽減

ループリングで取引されるユーザーのトークンは、取引所を介することなくユーザーのウォレットに留まっていくので、注文によってロックされることはありません。トークンはトランザクションのライフサイクルの全体がブロックチェーンのアドレスに保存されています。

また、メンバーは注文が送信された後でトークンを転送することもできます。さらに、最初の価格によって取引金額を自動的に調整するため、メンバーを交換による倒産などの危機から守ることができる他、サイバー世界では驚異的な攻撃となっているDDOSなどから保護する事も可能です。

高い流動性

従来通りに取引所を介して取引する場合には、基本的にその取引所で扱っている仮想通貨同士のみが取引できます。

そのため、自分がトークンAとトークンCをトレードしたいと考えていた場合、そのトークンのペアが取引所でサポートされていない時には、元々交換したかったトークンCではなくトークンBと一旦取引を行い、その後にそのトークンBと本来の目的であるトークンCを交換するなどの手間がかかります。

また、いずれの場合においても複数回の取引を行う必要があり、その回数の分だけ手数料を支払う事になりますので、金銭的な負担も大きくなります。

この問題を解消するのがループリングです。ループリングであればその様な手間がかかる事はなく、リングマッチングというプロトコルを用いる事でどのようなペアであっても高い流動性を提供でき取引がしやすくなるのです。

したがって、ループリングは取引所とブロックチェーンとの間に分散され、自動化された高機能かつリスクマネジメントにも配慮された通貨取引機能となります。通常の取引所の代わりにループリング専用の取引ネットワークを構築する事で高い流動性を実現しています。

関係者全ての公平性

ループリングに必要な手数料と割引モデルはメーカー、テイカー、マイナーなど全ての関係者の間で公平性を担保しており、ディスカウント料金はデポジット(預り金)されたLRCトークンの数によって決まり、ランクが高いほどディスカウントされる料金は安くなります。

透明性が高い

まずこのポイントは銀行をイメージすると非常に分かりやすくなります。銀行の口座にお金を預けるように、取引所のウォレットにトークンを預けていた場合、自分が所有しているトークンに何かが(不正など)起こる可能性もあり、実際に所有しているトークンに何かが起こったとしてもユーザーがそれを正確に把握する事はできません。

また銀行と同じ様に、取引所が倒産するなどの問題が発生した場合、自分が預けていたトークンが全て無くなってしまう可能性も考えられ、かなり早い段階でトークンの移動をしておかないと一切返却されないといった事態になる事もあります。

そのため自分のウォレットからやり取りできることは、自分自身でトークンの動きをハッキリ知ることができるといえますし、万が一取引所が倒産したとしても、ダメージは小さくなります。

セキュリティもしっかりしている

こちらの特徴も透明性と関係しているですが、従来通りの中央集権型の取引所の場合、自分で自分のトークンを管理する事は原則としてできません。

取引所を介する事で速やかな取引が可能になるというメリットはあるのですが、それに伴って多くのリスクが見らえるようになります。

何らかの理由でアカウントの凍結がされてしまうと、そのアカウントではトークンのやり取りができなくなってしまいますし、上記のDDOS攻撃によって取引所自体がダウンしてしまった場合も売買や交換ができなくなってしまいます。

また、クラッキングなどの被害を受けた際には自分が所有しているトークンに大きな影響が出てしまう事もあります。また、開発者のミスなどのヒューマンエラーでも資産を失う可能性があります。

悪意を持った人間が開発や展開にかかわっていた場合は、全てのユーザーが甚大な被害を被る可能性が高いです。

もちろん大体の取引所ではDDOS攻撃やクラッキングに対しての防衛策を講じていますし、信用が命とも言える仮想通貨の世界では大抵のトラブルに対して対応ができるようになっています。

しかし取引所を介してトークンをやり取りする以上必ずこの様な問題が発生するようになっていますので、そこから独立した形でトークンを扱える事は非常に大きなメリットになりますし、セキュリティという意味では万全に近い形だと言われている仮想通貨です。

ループリングエコシステム

ループリングエコシステムは、ウォレット、リングマイナー、リレー、ループリングプロトコルスマートコントラクトなどのポイントに分かれていますが、要するに中央集権型の取引所でできる事はほとんどできるという物です。

従来通りの感覚で使用できるウォレットや、トレードの履歴の保持、マイナーへの報酬の発生など中央集権型取引所で行われているほとんどの事が、ループリングエコシステムでも行わう事が可能です。

基本的に中央集権型取引所からデメリットを取り去った形になってはいるのですが、まだ新しい形の仮想通貨のため今後何らかの問題点が出てくる可能性は排除しきれず不安を感じている方もいます。

なお、このシステムは逆に将来性がたかいのではないかと考える方もおり、将来的には金融機関のシステムに採用される可能性もあることから、大化けする事が期待できると言われています。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

ループリングは2017年に公開されたばかりの仮想通貨ではありますが、成長は順調であり従来の中央集権型取引所とは一線を画す存在だと言われています。取引先のリスクを抑えたり取引のコストダウンが可能になり、ユーザーへのメリットが非常に大きいので今後注目を集めていく仮想通貨です。

また、取引所を介する事で発生する資産に関しての危険性も極力排除した形になりますので、実態が無い仮想通貨の世界ではセキュリティ性や透明性などの面で見ても安心できるでしょう。仮想通貨の在り方を変えていく可能性を秘めた存在ではないかと今後の動向が注目される仮想通貨です。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です