仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

ビットコネクト トークン90%減少

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

ビットコネクトとは?

BitConnect(ビットコネクト)は略号がBCCの仮想通貨です。

ビットコネクトは、かつて有望な仮想通貨企業であり、米国の規制当局との法的問題の中で取引所の閉鎖と貸し出しを発表した際、価格が$26.00までに下がり、価値の90%近くを失う事になりました。

又、coinmarketcap.comによると、通貨の時価総額が$175,637,617まで減少したとのことです。そに他に、過去24時間以内に合計$175.17万相当の通貨が取引されています。

ビットコネクトは、5日以内に貸出業務,交換プラットフォームの即時閉鎖を発表しました。この発表によると、ウェブサイトは「ウォレットサービス、ニュース、教育サービス」のために開かれるとの事です。

規制上に問題が浮上

同社は、規制審査、DDoS攻撃、悪質な宣伝などを止める事を明らかにしました。

DDoS攻撃とは?

サーバの負荷や通量を増加させ、サーバのサービスを低下させることを目的としたのがDoS 攻撃で、さらにこの攻撃を悪質化させ、攻撃元を分散させたものが DDoS 攻撃です。

テキサス州による停止命令の指示

テキサス州の証券監督当局は、投資家に年間120%の利息を支払うために、寄託者と資金源を明確に特定していないという詐欺を犯したと主張し、停止命令を出しました。

ノースカロライナ州はテキサス州に続き、ビットコネクトに州内の証券を購入、又は売却するオファーを求めるよう命じました。ビットコネクトのウェブサイトでテキサス州とノースカロライナ州の停止命令は、プラットフォームの法的な継続を損なうなどと述べました。

パニックを引き起こしたDDoS攻撃をしのぐ為、外部からの力を受けましたが、その結果プラットフォームが不安定になり得る事になりました。その他にも、否定的な広報は、プラットフォームへの信頼の欠如を引き起こし、コミュニティを不安にさせたなどと役職は指摘しました。

批評家が杭打ち

ライトコインの創設者であるチャーリー*リーさんは、12月にビットコネクトに投資することを拒否したと公式に発表しました。

ライトコインとは?

ライトコインとは、ソースコードの共有サービスである Github 上で、元Googleの社員であったチャールズ・リーさんという方によって公開されたものになります。又、ライトコインは数多くあるアルトコインの中でも最初の方に作成された仮想通貨で、ビットコインのプログラムコードに基づいて作られています。

仕組み自体は基本的ビットコインと同じですが、ライトコインの方がビットコインよりも取引承認の速度が速く、その為、現在でも流通総額では上位に入っており、世界中で取引されている仮想通貨の1つです。

生き延びると主張するビットコネクト

サービス閉鎖はビットコネクトコミュニティの終結を意味するものではなく、今後も他の仮想通貨サービスを提供し続けると述べました。

ビットコネクトは、ビットコネクト X ICOが依然として機能して、貸し出しプラットフォームと取引所を閉鎖した後、引き続きデジタルトークンをサポートすると述べました。今後のウェブサイト上の交換プラットフォームには、仮想通貨トークン、ビットコネクトコイン(BCC)が記載されています。

2017年の2月以来、価格は$437.31と最高値まで徐々に上昇したが、1月初旬に急落し始めました。

参考記事

BitConnect Token Loses 90% Amid Exchange Closure Announcement

https://www.ccn.com/bitconnect-token-loses-90-amid-exchange-closure-announcement/

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です