仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

医療メーカーと提携?!Tierion(TNT・ティエリオン)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではTierion社が開発しているTierion(TNT・ティエリオン)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名Tierion
通貨略号TNT
公開日2017年7月
時価総額順位160位
発行枚数(上限枚数)1,000,000,000 TNT
取り扱い取引所binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

TNTの価格推移チャート







2017年
公開開始

TNTの基本情報

ティリオンはMicrosoft社とTierion社が提携して開発されたプラットフォームで、その内容はインターネット上で管理されている企業や個人のデジタルデータの「真実性」を証明するためのシステムで、インターネット上では閲覧しているでデータがいつ作られたのかやいつ変更されたのかなどを確認する事はできません。

なので現実問題としてある程度の知識と技術を持っている方ならば改ざんする事も可能になっていて、その問題は医療分野や保険に金融サービスなどの業界では非常に大きな問題に発展してしまい、場合によってはその改ざんが重大な事件を引き起こす原因になる可能性も高いです。

そこで、ティリオンはデータの検証の為の汎用プラットフォームであるTierionNetwork(TNT)構築し、TNTのブロックチェーン上のトランザクションにデータをリンクする証明を作成しています。

また、この方式はアンカーリングと呼ばれていて、誰でも信頼できる特定の機関に頼ることなくデータの整合性とタイムスタンプを検証することが可能だとされていて、その結果デジタルデータの「真実性」を証明することが可能になります。

今後の医療分野では電子カルテなどのプライバシーの問題が切り離せないポイントに対応しやすくなると言われているので注目を集めている仮想通貨です。

TNTの特徴

・チェーンポイント
・大手企業と提携
・高い将来性
・ノードを建てられる

チェーンポイント

チェーンポイントとはティリオンネットワーク上で利用する事ができる独自のブロックチェーンを用いたサービスの事で、ティリオンの根幹とも呼べる非常に重要なポイントになっていて、データを作成した時やデータを変更した場合の「真実性」を証明することが可能になっています。

そのチェーンポイントの特徴として挙げられるのは、まずスケーラビリティが高い事で一秒間に数百万もの証明を実行する事ができる点です。ビットコインなどのパブリックブロックチェーンは安全性の向上の代わりにスケーラビリティが犠牲になっているのですが、ティリオンは数百万のデータポイントを暗号化して単一のトランザクションにリンクする事でスケーラビリティ問題を解決する形です。

また、精度の高さも特徴的になっていて、チェーンポイントには「ネットワークタイムプロトコル」と呼ばれるネットワークに接続される機器の時計を正しい時刻へ同期する為の通信プロトコルでサーバーからの時間データが含まれていてます。

これにより通常は正確に把握できないとされている「取引の時間」を証明する事が可能になっています。そしてレスポンシブの速さや安全性も高いとされているのですが、このチェーンポイントはティリオンの肝でもあり最大の注目点です。

大手企業と提携

2017年1月にMicrosoft社がTierion社と提携し、今後のビジネス世界における機密情報に関してデータの「真実性」を証明していく事を発表しましたが、これは今後は各企業がセキュリティを強化する事でコンプライアンスコストを削減させる為の仕組みを作る事を意味しています。

Microsoft社の公式サイトでは今後オンライン上でのデジタル証明書を受け取る際には、ティリオンのチェーンポイントサービスを用いる事で中央集権に依存せず誰でも身元を証明する事ができるようになるので、そのサービスを金融、医療、保険などの業界にも提供していくとされています。

元々Microsoft社は大小に関係なくベンチャー企業に投資する事が良くあるのですが世界的に有名な大企業が興味を持ち提携しているという事実は投資的な面でも好材料とされていて、同じようにMicrosoft社が提携をしているリスクが順調に成長している事を見てもそれは明らかです。

また、医療メーカーの大手企業であるフィリップスヘルスケアは早くから提携をしていて、これは医療分野で使われる電子カルテなどとチェーンポイントを搭載したティリオンの親和性が高い事が理由になっていて、ティリオンのブロックチェーン技術を採用する事でデータの真実性を証明し、コストの削減と新たなサービスを生み出そうとしているとされています。

高い将来性

ティリオンはまだできたばかりの非常に新しい仮想通貨なのですが、今度の将来性はとても高いのではないかと言われていて、現在はそこまで高騰していませんが今後は急激に価値が上がる可能性があるとされています。

というのも、やはり信頼と実績のある大手企業のMicrosoft社やフィリップスヘルスケアなどと提携し後押しがある事に加えて、医療や金融に保険などの「データ管理を必須とする分野」ではティリオンのブロックチェーン技術が計り知れないメリットを持っている事が理由です。

また、現段階では知名度が低く時価総額ランキング低位置にあると言う事は、裏を返せば爆発する可能性があると言えますので、ティリオンは将来的には仮想通貨の代名詞になる事も十分に考えられると言われています。

ノードを建てられる

TNTトークンを使ってノードを建てる事ができるのもティリオンの特徴的ポイントで、ノードと言うのは簡単に言えばネットワーク上の関所の門番のような物だとされ、基本的にあまり人が通らないがそこを通る人がいた場合にリワード(報酬)が発生します。

ノードについては、スーパーノードとは?寝てるだけで毎月仮想通貨がザクザク手に入るをご覧ください。

なのでノードを建てれば建てるほどリワードの可能性も高くなるのですが、現在ではノード建てが加熱したあまりに条件が厳しくなりました。また、ノードは簡単に建てられるものではなく、マイニングと同じようにそれなりの知識や技術に経験が必要だとされていますので、基本的にこのノードを建てる事によるリワードを目当てにティリオンを購入する方は少なくなっています。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

ティリオンはまだ始まったばかりの仮想通貨で、ビットコインやリスクのような知名度は持っていませんが、世界的に名の知られた大企業がバックアップしている事やブロックチェーン技術の需要の高さなどを考えてみると非常に将来性が高いと言えます。

なので、今後は大化けする可能性が高いと言われていますし、何よりもインターネットが発達している現代においては情報の真実性が証明できるというのは様々な面で非常にメリットが大きくなると予想されていますので、今後はあらゆる分野から注目される可能性のある仮想通貨です。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です