仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

IaaSとブロックチェーンの繋がり

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

Iaasとは?

始めに、IaaSとはInfrastructure as a Service の略で、「イアース」や「アイアース」と呼ばれており、クラウドコンピューティングのうちの1つで、仮想化技術を利用してハードウェアリソース(CPU/メモリ/ストレージ)などのITインフラをインターネット経由でオンデマンドで提供するサービスです。

ハードウェアリソース問題

データ循環が指数関数的に増加する上に、より効果的で安全な保管が出来る新しい解決策が必要だそうです。又、最近のニュースでは世界で広く使用されているインテル、AMD、ARMチップなどの欠陥に関する話が出ており、サイバーセキュリティーとデーター保護に対する懸念が高まっているそうです。

問題になっている一部がこちらで、CPUが備える先読み命令実行機能の問題を突くことで、カーネルメモリーとして保護されるはずの領域に、一般のプログラムからある程度アクセスできてしまうというものです。

データを格納するために物理サーバーを使用するコストが耐え難い為、圧倒的多数の企業によってクラウドが解決策として採用されました。又、サイバーセキュリティーやリスク管理会社のデルタリスクによると、データセキュリティーに対する懸念はあるものの、90%の企業がクラウドをデータストレージ用として使用しています。

同社の調査の結果によると、ユーザーが不安にしている重大なリスクは、データの損失、データのプライバシー、機密性違反等であることが分かりました。

クラウドサービスやSaaSの設定、管理ミスなどにより、人的ミスやサイバー攻撃によって引き起こされるデータ侵害につながる可能性があります。これらは事業運営に危害を加える可能性が有り、エキファックスやデロイトがそのような問題に立ち寄りました。

企業自信がクラウドに移行する事により、コスト削減と柔軟性が向上が見られます。しかし、企業はアカウント自体の設定と使用を処理するため、データ侵害が頻繁に発生するとの事です。

安全で効率的なデータ保存技術

企業にとってデータ、データストレージ、セキュリティへのアクセスは大きな懸念事項であり、資力の少ない中小企業にとっては非常に大きな懸念事項になる可能性があります。

この懸念をなくす為、IaaSが実現され、サーバー、ストレージ、データベースなどの仮想化ソリューションを提供する事が出来ました。その他にも、サービスは利用率に基づいて課金されるため、企業は業務を拡張する柔軟性があるとの事です。

チタニウムブロックチェーンインフラストラクチャーサービス(TBIS)とは?

チタニウムブロックチェーンインフラストラクチャサービス(TBIS)は安全で柔軟性のある分散サービスを提供する独自のイーサリアムブロックチェーンでIaaSを実行する上で、ライデン技術を活用してVisaのようなスピードを実現したいとの事です。この解法は、停止がないだけ効果的で有り、ほとんどの代替方法よりも安価です。

問題が検出されるたびに、システムは自律的な「修復」を実行する準備ができており、又、デバイスが故障すると、その操作は冗長ノードの別のネットワークに転送されるようになっています。

ライデンとプラズマのスケーリングソリューションを組み合わせることで、チタニウムはより高速な取引を実現し、毎秒2,000件の取引を処理できるVisaのような処理ネットワークと競合することを目指しています。

同社の目標は、企業のインターネットワークを構成するすべてのデバイスやインフラストラクチャーを、ルーターからファイアウォール、さらにはサーバーまで仮想化し、分散化する事です。

TBISは、自宅を離れる事なくグローバル企業の製造を可能にしラップトップ、デスクトップ、スマートフォン、またはタブレットから、企業レベルのインフラストラクチャーを簡単にセットアップツールを提供する事を述べました。

優秀組によるネットワーク向上

TBISの創設者、最高経営責任者でもあるマイケル・ストレイアーは、エンタープライズインフラストラクチャー管理を専門とする技術、コンサルタントEHIを設立しました。その他にも、彼自身の専門知識だけでなく、中小企業を含むEHIクライアント、ボーイング、アップル、IBM、マイクロソフト、ウォルト・ディズニー・スタジオなどの大企業の知識も用いいています。

ブロックチェーン技術、ビジネス管理、インターネットワークインフラストラクチャー管理の専門知識を持つ優秀組は、ストレイアー氏と協力してこのプロジェクトを進行させるとの事です。

チタリウムブロックチェーンユーザーは、IT企業全体を仮想化し、ミッションクリティカルなデバイス、アプリケーション、サービスをネイティブに監視してプライベートクラウド環境を構築することができます。又、サーバーやカスタム暗号化キャッシュを作成してネットワーク化する事も出来、数秒でICOを設定することなども可能になると発表しました。

参考記事

When IaaS Meets Blockchain

https://cointelegraph.com/news/when-iaas-meets-blockchain

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です