仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

初心者でも安心?Monero (XMR・モネロ)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではMonero社が開発しているMonero(モネロ)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名Monero
通貨略号XMR
公開日2014年4月
時価総額順位8位
発行上限枚数1840万枚
取り扱い取引所Binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトぺーパーへ

XMRの価格推移チャート







2014年
4月公開
2015年
日本円で100円前後を変動
2016年
日本円で1500円前後を変動
8月にアルファベイマーケットで決済利用開始
2017年
時価総額が約800億まで上昇
日本円で7000円程まで上昇

XMRの基本情報

Moneroとはエスペラント語でコインという意味を持ち、アルトコインの一種です。Bytcoinを元にしているのにも関わらず、CryptoNoteプロトコルに基づいたオープンソースのProof of Workを使用していることで知られています。

リング署名、ステルスアドレスと呼ばれる仕組みを使うことによって、決済、送金の際に、取引履歴、送金主が第三者からわからないようにする匿名性の高さがMoneroの大きな特徴です。

しかし、匿名性の高さゆえに、闇サイトなどの違法ウェブサイトに使われることもあります。

XMRの特徴

・匿名性
・ブロックに制限がない
・リング署名
・ワンタイムアドレス
・簡単なマイニング
・Cryptonightアルゴリズムとは?
・発行上限が少ないメリット
・取引速度が速い
・マイニングしやすい
・匿名性ゆえのデメリット

匿名性

Moneroと言えば匿名性の高さで有名です。ビットコインなどでは、ブロックチェーンが適用されているため、どのアドレスがいくら支払いをしたか、いくらコインをもらったかというのは、第3者にも知られてしまいます。

しかし、MoneroはCryptoNightと呼ばれる、匿名性に特快したアルゴリズムを採用しており、リング署名とステルスアドレスというMoneroならではの機能を活用することにより、取引履歴などからアドレスを特定することがとても難しくなっているのです。

匿名性の高さが支持されている中で、同時に問題点も生じてきています。2016年にAlphaBayという違法薬物や拳銃などの武器が売買されている闇サイトがMoneroを採用したように、犯罪やマネーロータリングなどの悪事のためにMoneroを利用する者が現れる可能性があります。

このような問題点を抱えていることから、政府が何かしら対応せざるを得ない状況にまでなってしまえば、匿名性を維持することが難しくなるでしょう。国が制限をかけることで匿名性の維持ができなくなってしまえば、利用者が激減するのは間違いないです。

また、闇サイトの取引としてMoneroが使われているのが知られた今では、Moneroを使うことで会社のイメージダウンに繋がると捉える人おも少なくありません。有名企業が参入してこなければ、流通が起きないため、価格も一定のところで止まってしまうでしょう。

ブロックに制限がない

Moneroにはビットコインなどのように、ブロックサイズに制限がありません。ビットコインでは、部六サイズは1MBと制限が決められており、1つのブロックに対して約4000件ほどの取引記録しか記録いておくことができません。

また、ビットコインのブロックチェーンは10分に1回しか更新されず、これは10分で4000件しか記録しておくことができないことを意味します。

現在、世界中で取引されているビットコインは、あまりの取引量の多さに対応しきれず、送金詰まりという問題が起きています。

しかし、Moneroにはブロックサイズに制限がないため、ビットコインで現在問題となっている送金詰まりなどが起こりにくいです。

リング署名

このリング署名の技術も、Moneroの匿名性の高さと深く関係しています。リング署名とは、グループに参加している複数の人の署名を個々にするのではなく、一定の人数をまとめて署名するシステムです。これは、署名元を特定するのが難しくなるため、匿名性が高くなり、個人情報が特定されにくくなるといわれています。

ビットコインなどの送金の際には、秘密用のカギと公開用のカギを用いて行うため、誰が送金をしたかわかるような仕組みになっていますが、リング署名ではグループの公開用のカギを束ねて利用しているため、追跡するのが難しいのです。

さらに、このリング署名とは複数のグループに参加することができるので、さらに特定するのが難しくなります。

ワンタイムアドレス

これはMoreroが改良した機能で、Moneroのアドレスは閲覧用と送信用の二つの秘密のカギが組み込まれており、マスターキーとしての役割があります。

このマスターキーは、送金をする際にランダムでワンタイムアドレスを生み出し、そのアドレスへとコインを送金する仕組みになっています。

このカギは一度使用すると使用することができなくなり、送金ごとにワンタイムのキーが作成されるため、送金元が誰だか追跡することもできません。

簡単なマイニング

マイニングとは、コインを発掘する作業のこと指し、新規の取引データを追加することをいいます。

ビットコインをマイニングするには、ハイスペックなパソコンを利用しなければならないため、一般的な家庭用のパソコンではマイニングすることができないといわれています。約1時間、家庭用のパソコンでマイニングをしても得られるビットコインは0です。

計算処理能力が普通のパソコンでは追いつかないため、個人でのマイニングは事実上不可能と言われていました。

しかし、Moeroはビットコインとは違い、家庭用のパソコンでもマイニングが可能となっています。これは、マイニングしているマイニング人口と取引量がビットコインに比べて圧倒的に少ないのが理由です。発行枚数もMonrohビットコインに比べると少ないため、この先もマイニングが難しくなるようなことは起きにくいでしょう。

もちろん、パソコンのスペックが高いことに越したことはありませんが、Moneroはビットコインのようにハイスペックなパソコンがなくてもマイニングできるため、仮想通貨を初めて間もない人でも取り掛かりやすいのではないでしょうか。

Cryptonightアルゴリズムとは?

ビットコインの特徴として匿名性が高く取引ができることが特徴ですが、毎回の取引の送受信の履歴は公開されています。しかし、XMRの特徴は、Cryptonightというアルゴリズムを採用することで、ビットコインよりも匿名性が高いと言われています。Cryptonightは、「Crypto Note」というプロトコルの中で使われるアルゴリズムのことを指します。

その機能により、取引の履歴を追うことが難しくなり、取引に匿名性を求める人々には期待されている仮想通貨です。また、XMRはリング署名システムというものを採用していて、取引で送受信する額も匿名でわからなくなります。

リング署名というのはあるグループで複数の人の署名をまとめて署名することで署名元を特定しにくくする技術を指します。今現在、プライバシーを守り、さらに安全な仮想通貨の一つとして特徴づけることができます。

XMRには、閲覧と送信の2つのキーがあり、取引のたびにワンタイムアドレスを生成します。このワンタイムアドレスの情報を追いかけても、取引履歴の確認になりません。

発行上限が少ないメリット

XMRは発行上限が少なく設定されています。発行上限が少なく設定されているメリットは、犯罪の悪用にされにくいということです。発行上限の少なさで多額の資金の投資による変動を防げる点は安心でできますね。

取引速度が速い

また、XMRは取引速度がビットコインの5倍ほどの速さと言われています。ブロックサイズの制限がないのも特徴です。

マイニングしやすい

通常、ビットコインのような仮想通貨をマイニングする場合は高性能のCPUを有したPC環境が必要ですが、XMRは一般的なPCのCPUでもマイニング可能とされています。環境があればマイニングで定期的に仮想通貨を得ることができるので、長期的に見ればオススメだと思います。

匿名性ゆえのデメリット

XMRは匿名性に特化するが故に、コインを市場で利用する方面での開発があまり進んでいません。いろいろなサービスへの決済の対応などの開発があまり進んでいません。一般の会社やお店での導入は、他の仮想通貨より難しいかもしれませんね。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

いかがでしたか?
これから仮想通貨を始めようと考えている方も多くいると思います。ビットコインは現在1ビットだけでも高額なため、手が出しづらいです。

しかし、Moneroであれば自分でマイニングができて匿名性、安全性も高いため、仮想通貨に対して興味はあるけど怖いと考えている人などには、おすすめの仮想通貨です。これからはますます仮想通貨が普及してくる時代になるため、今のうちに投資してみるのも悪くないでしょう。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です