仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

DASH(ダッシュ)とは

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

2017年の9月はなんともまあ慌ただしい月で、JPモルガンのCEOが「ビットコインは詐欺」と公で断言してしまったり、

中国の大手取引所が閉鎖をするという騒ぎがあったりで相場が大分荒れていますね汗朝5時頃coincheckの取引所を見たら、

仮想通貨のほとんどがマイナスのなか、一番最初にDASH(ダッシュ)がプラスに転じていました。理由はロンドンの取引所のCEX.IOに上場したからだそうです。

出典 http://cryptocurrencymagazine.com/dash-cex-io

 

Youtubeの動画でDASHと調べたらこんな動画が出てきました。

https://www.youtube.com/watch?v=bX7FcLu1BY0

すごいリズム感があって、あっという間に見てしまいました。(まさにダッシュですね)さて、そんなDASHとはどのような通貨なのでしょうか。

 

DASHってこんな仮想通貨

 

まず、DASHにはホームページがあるのでそちらを参照しましょう。

https://www.dash.org/jp/

DASHはなんと日本人向けにも参入してきているので、日本語用のホームページがあります。

ロゴがどこかで見たことのある企業のような気もしなくもないですが、そこは気にしてはいけません笑

 

革命的なデジタル通貨システムというキャッチコピーがまたまあなんとも挑戦的で若々しいです。

しかし、DASHについてという項目をクリックしてみたのですが、すごい見づらい汗普通はDASHがどのようにできたのかが記載されているでしょう?

しかしそれがどこにも記載されていません。そして所々日本語がおかしいんですよ汗(google翻訳かって笑)

そして、DASHのチームをみたら、外国人しかいなくて日本人が誰もいません。

え、この通貨は大丈夫か??流石にcoincheckは変な通貨を世に出すことはありえないですし、本当にすごい通貨なんです。頑張ってまとめてみました。

 

DASHはどのように生まれたか

 

DASHという通貨は2014年に1月に生まれ、当初は「ダークコイン(Dark coin)」と命名されていたそう。(何それ怖い)

それが2015年にDASHという名前に改名されて、現在の時価総額は第6位です。

出典 https://coinmarketcap.com/

 

仮想通貨の中では相当勢いのある通貨だというのがわかります。2017年9月の取引量比率をみると、

 

 

出典 https://www.cryptocompare.com/

韓国が34%と一番保有しているようです。

 

 

DASHの特徴

DASHの特徴を述べていきます

 

ProofType(マイニング方法)は超有名ポータルサイトのCryptoCompareではPoW/PoSとされていますが、

出典  https://www.cryptocompare.com/coins/dash/overview/USD

 

情報によってはpoWという情報もあったのですが、PoWの方が適切でしょう。

 

ブロック生成時間(マイニング採掘にかかる時間)は2,5分間という意見があり、10分間に1回採掘がかかるビットコインの1/4で済み、

Litecoin(ライトコイン)と同じぐらいの速さで発掘されるという情報がありますが、ただもっと早いという意見もあって、これは後述します。

 

また、アルゴリズム(ハッシュ関数)はX11というものを使っているので、セキュリティ面に非常に優れ、

なんといっても消費電力が非常に低いのがメリットです。消費電力が低いとそれだけコストがかからなく運営がしやすいのでこれはすごい。

 

ブロック生成時間もビットコインに比べて早く、またLitecoinのアルゴリズムのScryptよりも消費電力が低いのはなんとも魅力的なコインでしょう。

さて、DASHの最大のアピールポイントといったらずばり、

 

「匿名性の高さ」、「即時取引」の2点です。

 

まず、即時取引なのですが、情報が錯綜しています。2.5分という意見を最初に見かけたのですが、

実は1秒以内に取引できるという情報もあれば4秒以内という意見という数秒間、

そして1秒間に20回以上(ビットコインは600秒に1回)も取引ができるという回数で表す意見までありました。

もっとも多かった意見が数秒だったので、名前の通り高速で取引ができます。

 

いずれにしてもビットコインよりは早く取引ができるということはかなりのメリットです。

しかし、それ以上のメリットは「匿名性の高さ」でしょう。

ダッシュは以前はダークコインという暗黒卿のような恐ろしい名前のコインでしたが、

その由来としてダークセンドというトランザクション形式で取引されています。

 

そして、その仕組みをコインミキシングと呼んだり、Coinjoinというミキシングだかで呼ばれたりとまあそんな名前はどうでもいいのですが、

つまり、取引をするときに間に取引した情報がプールされ、プールした情報がシャッフルされるのです。

そしてシャッフルしたことにより、コインを送った人の情報が全くわからなくというシステムなのです。

コインを送った人の情報が全くわからなくというシステムなのです。

 

出典 http://coinpost.jp/?p=1656

 

ビットコインは取引履歴を追うことができて、送金の流れがわかるようになっています。その点はビットコインよりもはるかに優れたコインです。

ただ、こうした匿名性の高い取引が麻薬や銃火器などを売買する闇市場(ダークマーケット)で利用されることもあるようなので、

その辺は注意が必要でしょう。

 

まとめ

最近人気が高まりつつあるDASHはスピードの速い取引とプライバシーを保護してくれる高い匿名性が魅力的です。

今後さらに注目が高まるコインでしょう。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です