仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

国際的な協力のもと、ビットコインの規制は可能なのか

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

韓国と中国でのビットコインの新たな禁止や規制のニュースが引き続き報じられる中で、ドイツ連邦銀行のメンバーが国際的な規制の統一を呼び掛けています。

 連邦銀行のヨアヒム・ヴェルメリング氏(Joachim Wuermeling)は、世界的なデジタル化現象において国ごとに異なるルールをもつ可能性は極めて少ないと考えています。国際的な協力のもと、ビットコインは規制当局によって統制されるとヴェルメリング氏は述べています。

規制の効果

 最近では、ビットコインと暗号通貨市場全体を規制する動きが高まっており、この流れは全体にわたって感じられます。韓国で始まった混乱は大きな打撃をもたらし、その声明の撤回さえもが市場の成長を牽引しました。

このように個々の国から規制に向けた動きがある中で、国際的な暗号通貨市場全体にわたってしばしば強力な動きが見られます。しかし規制を止められるほどではありません。

 これらは個別的な規制であり、自由な取引が行われる暗号通貨市場を制約するほど強力ではありません。

 ヴェルメリング氏曰はく、「仮想通貨の効果的な規制は、可能な限りの国際協力によって達成可能です。何故なら、国家による規制は明らかに限定されたものだからです。」

仮想通貨の二面性

 問題は、ビットコインの規制には全く異なる二つの見解があり、これらの見解は国によって異なる可能性があることです。

 日本は仮想通貨市場を最も支持する国の一つであり、昨年ビットコインを貨幣として認定しました。ところが、お隣の中国はビットコインと敵対する主要国です。

 最初にICOの禁止、次に両替の禁止、さらにビットコインを扱うサービスに関わる者にとって悪いニュースがあります。

 両極端に大きく意見が分かれる国にとって、仮想通貨は納得のいく見解を見つけることが難しく、規制が難しい理由の一つです。

規制は必要なのか

 規制の必要性についての議論もあるようです。まるでビットコインの分裂する性質によって達成しようとしていることに真っ向から対立するかのようです。ロンドンの国際技術弁護士であるカル・エヴァンス氏(Cal Evans)は次のように述べています。

「暗号通貨が成長するにつれ、国際的に重大な尊守や規制問題を克服する必要がありました。これらの規制問題はこれを読んだあなたの住む国によって異なります。しかし、規制を何度も逃れる問題が一つありそうです。それはマネーロンダリングです。」

独裁的な性質に加え、規制されていないこの通貨について、ロンドンのキングストン大学経済学教授のスティーブ・キーン(Steve Keen)も同様の意見を述べています。

「犯罪が発生するようなシステムでは規制緩和はできません。規約そのものが確実ではないからです。フォークによる強制により、否応なく人々は解決策を見つけるでしょう。そのような状況では、規制は唯一の未来かもしれません。」

可能なのか

 ビットコインやその他の暗号通貨が無くなることはありません。国際的な統制下で仮想通貨経済の統合協力が無い限り、多くの規制当局が不満を抱くような形で通貨は存在し続けるでしょう。

 中国がビットコインを禁止したことは、道にある防止帯のようなものであると判明しただけで、ビットコイナーなどは常に方法を見つけることができます。

参考記事

Is Global Front on Bitcoin Regulation Possible?

https://cointelegraph.com/news/is-global-front-on-bitcoin-regulation-possible

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です