仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

韓国は報道の混乱の中、仮想通貨規制について立場を明確にしました

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

先週、国の法務大臣が仮想通貨取引について禁止を提案したことに対し報道が混乱する中、韓国の仮想通貨取引に対する厳しい規制が1月14日告知されました。地元通信社、ヨンハップ・クレイムド・サンデイが、韓国の投資家は仮想通貨アカウントを持つため、実名が必要になる可能性があると1月初旬に報道していましたが、1月14日の報道によると今月末に実際発効されることになりました。

ヨンハップ社は、金額は未決定ですが新しい規制に応じない場合、罰金を払うことになると報道しています。ヨンハップ社は政府の声明を以下のように引用しています。

法務大臣が最近述べた取引の停止についての提案ですが、法務省が提案する投機を抑制するための対策の一つです。政府としての決定は世論の十分な協議と調整後、近い将来になる予定です。

声明が追加されました。

月曜日の発表は取引停止が近い将来ではないという意味が込められている。

韓国の乱規制については、仮想通貨がソウル司法管轄の下、今後どうしていくべきなのかという議論について毎日のように断片的な情報が出てくる結果になっています。1月15日の最新のニュースでは、仮想通貨規制はまだ実行されておらず、政府は最終決定に至っていないという内容の公的声明が国務調整事務所から公開されています。

メディアのミス報道

1月11日、法務大臣のパーク・サン・キ氏は仮想通貨取引禁止を記者会見で提案しました。メディアでのパーク氏の発言について、これまで誤った解釈の報道が続いたためツイッター上で繰り返し現地記者と投資家によって訂正されました。それにも関わらず、法務大臣が引き起こした混乱、そして、大臣の発言に対しての誤解を招く報道は、明確にその日の仮想通貨売却の原因となっております。

現場の投資家は、先週出プレスリリースの時間前に請願書を提出しています。そこには仮想通貨取引の禁止反対について15万人を越える署名があり、彼らは取引を継続してできるように完璧な国のルールを求めています。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、もし署名数が1月27日までには20万に届くようであれば政府の返答を得られるかもしれないと報道しています。

参考文献

South Korea Clarifies Position on Crypto Regulation Amidst Confusion in Mainstream Media

https://cointelegraph.com/news/south-korea-clarifies-position-on-crypto-regulation-amidst-confusion-in-mainstream-media

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です