仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

中国版イーサリアムと呼ばれるNEOの将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではOnchainが開発しているNEO(ネオ)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名NEO
通貨略号NEO
公開日2016年10月
時価総額順位15位
取り扱い取引所binance
発行枚数(上限枚数)100,000,000NEO
公式サイト公式サイトへ

ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

NEOの価格推移チャート







2016年

公開開始

2017年

順調に成長中

NEOの基本情報

ネオは元々はAntshares(アントシェアーズ)という名称で2015年にICOが開始され2016年10月にPoloniexやBittrexなどの取引所に上場するにあたり2017年6月に名称が変更されました。

ネオを開発しているonchainという名の企業はは現在世界中から注目を集めるようになっており、中国のブロックチェーン企業では初めてHyperledger(ハイパーレッジャー)プロジェクトに参加しています。このプロジェクトに参加しているIBMや富士通などといった大きな企業とも共同でブロックチェーンに関する技術の開発を行っています。

また、アリババという大手企業と提携もしていますし、世界的に有名なマイクロソフトもネオに関心を抱いていると言われています。NEOは、このような高い将来性がある仮想通貨です。

NEOの特徴

・ネオそのものがプラットフォームになる
・DPFT
・イーサリアムよりも期待値が高い
・豊富なプログラミング言語
・高い処理能力

ネオそのものがプラットフォームになる

一般的に流通している仮想通貨(トークン)は主に現金ではない形の資産、いわゆるデジタル資産としての意味合いが強くなっているのですが、ネオはデジタル資産としての役割の他に「ネオのブロックチェーンシステムを管理するための権利」としての役割を持っています。

正確な表現をするのであればネオを購入するということは、ネオのブロックチェーンを管理する権利を購入するということです。また、ネオが目標として掲げているのは「スマートな経済を作ること」と言われており、そのスマートな経済を簡単に説明すると「NEOブロックチェーンを利用して、資産や個人情報各種契約などの様々な物を管理する仕組みです」。

DBFT

ネオのコンセンサスアルゴリズムは非常に特徴的だとされており、DBFT「DBFTはDelegated Byzantine Fault Tolerance(ビザンチン耐障害性システム)」の略で、簡単言えばビザンチン将軍問題を解決するための手段です。

基本的にP2Pネットワークでは必ずビザンチン将軍問題という問題がつきまとう事になり、具体的には悪意を持った人物がシステムに異常を起こさせるリスクあるので、それに対策をする必要が生じます。例えばビットコインではPoW(プルーフオブワーク)という仕組みを採用して対策しています。

一方、DBFTではネオのトークンを保有している方達の投票によってコンセンサスノードが選ばれ、その選ばれたコンセンサスノードのグループによってブロック作成が行われていきますので信頼のできる人物やグループによって、取引内容が正しいかどうかの確認がされますし、同じグループでブロックも作成されていくので皆が安心して使える形です。

なお、この方式では投票により選ばれたコンセンサスノードの中から「スピーカー」と呼ばれる役割が交代で選ばれ、ブロックの提案を行うのですがそのスピーカーが発したブロック提案を他のコンセンサスノードがトランザクション内容などを確認し、コンセンサスノード全体ので大体70パーセント程度の承認があって初めてブロックが作成されてチェーンに繋がれるので、特定の個人の意思が入り込む余地はないとされています。

イーサリアムよりも期待値が高い

ネオそのものがプラットフォームになり、様々なシステムを動かす事ができるのですが、ネオの設計における三種類の役割はデジタルアセット、デジタルアイデンティティ、スマートコントラクトになっています。

まずデジタルアセットは分散的通貨としての役割を実現するという仕組みの事であり、デジタルアイデンティティとは個人情報や企業、機関の情報を分散的に管理する仕組みになっており、スマートコントラクトとは契約を分散的ネットワークの中で実現する仕組みの事です。

そしてこの特徴はイーサリアムと非常に似通っており、特にスマートコントラクトはイーサリアムの代名詞とも言われているポイントで、これこそがネオが中国版イーサリアムと呼ばれる理由になっています。イーサリアムは堅実性が高く人気も高い長期保有向けの仮想通貨である事に比べて、今後の急成長が期待できるネオは大化けする可能性が高いとされています。

豊富なプログラミング言語

もう一つイーサリアムとの違いになっているのは、イーサリアムで使われるプログラミング言語はSolidityやSerpentなどの独自のプログラミング言語なのでプログラムを書くのがかなり難しいとされ、プログラムを書くのが難しいというのはそのまま作成したプログラムにバグが発生しやすいと言う事を意味しており、プログラムに脆弱性があると大きな問題が起こりやすくなります。

しかしネオで使用しているプログラミング言語はJavaやPythonなどの比較的有名で馴染み深いプログラミング言語に対応しているので、プログラムを書く人間にとっては新しいプログラミング言語を習得する手間やプログラム開発者の増加など嬉しいメリットが多いです。

高い処理能力

ネオの特徴であるDBFTとはNEOブロックチェーンにおける処理速度の高さも強みの一つになっており、例えばビットコインではSegwitを導入して処理速度の向上を目指していますが、現状ではまだまだ採用が進んでいないので処理速度はそれほど速くはないとされています。

1秒間におよそ1000取引できるというネオとは比べるまでも無いとまで言われています。さらに、ネオは最適化のやり方によっては処理性能が1秒間に約10000取引に達する可能性があると言われ、世界最大の決済システムであるVISAシステムの約2倍という驚異的な処理能力です。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

ネオはまだ公開されたばかりの新しい仮想通貨になっており、若いだけあり不安定部分もあるとされていますが、それは裏を返せば大化けする可能性が高いとも言えます。

将来的なあらゆる分野でのシステム利便性の向上やDBFTによるセキュリティ性の高さや処理能力の速度など、他の仮想通貨と比べて期待できるポイントは多いため、非常に期待値の高い仮想通貨と言えます。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です