仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

2018/1/16の大暴落はアジアの不確定要素が原因?マーケットキャップ40%の損失

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

火曜日の1月16日の朝にビットコインとアルトコインは40%近くも価値を失って、中国と韓国による規制の圧力から楽観的な思考が失望しました。

混乱した状況のソウルや北京に新たに足された貿易制裁からベアの降下がCoinMarketCapの為替データから明きらかにされています。

韓国の権力者たちは、仮想通貨の変換の即停止という判断を見直しましたが、月曜日にCointelegraphが身分証明情報を使わずに交換しようとする個人には罰金を科せるという法を可決した事を報告しました。

同時に、中国は九月の中央集権化されたビットコインとアルトコインの変換を終わらす仮想通貨の交換禁止令の範囲を拡大させようとしている事を様々な情報から明かされました。

報道の間、ビットコインは15%近く失ったが、他のメジャーなアルトコインの大半はより悪化し、2割から3割近く失い、トップ30のコイン等の中には4割も価値を失った通貨もあります。

1月の初めに急激に価格的な前進を見せたビットコインキャッシュも今となっては$2000(訳20万円)以下にも落ち、Rippleの価値は報道時には1月4日のピーク、$3の半分以下の$1.36まで下がっています。

このような出来事の反応は仮想通貨やその先の選択基準がどうなったのかを見せました。貿易関係者は状況の回復を試み、専門家はこのような価格変化は健全だと述べていますが、少数の主流のメディア記事の間では仮想通貨のバブルがまた崩壊すると予想しています。

前向きな面としては短期に得られる含み益のために今週のウォール街のボーナスを機に莫大なマーケットキャップへの現金の流入がみられないという点です。

参考記事

Crypto Market Suffers From Uncertainty in Asia, Losses Up to 40%

https://cointelegraph.com/news/crypto-market-suffers-from-uncertainty-in-asia-losses-up-to-40

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です