仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

持ってるだけで収益が分配されるFTコインの将来性

   

どうも、クリプト ハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではFcoinが発行する独自トークンであるFTコインの特徴や将来性について徹底調査したので報告します。

FTコインの基本情報

FTコインは他の仮想通貨とは違い、取引所が発行している独自トークンとなります。独自トークンとは株のようなもので、取引所の資金調達のために発行されています。

FTコインの所有者は取引所利益の配当や、選挙権・意思決定権を持つことが出来ます。このあたりも株と一緒ですね。

Huobi元CTOが設立した取引所で、戦略的に運営されているのでいきなり潰れるということはまずありません。

FTコインの特徴

・Fcoinが発行する独自トークンである
・取引所の利益を配当として受け取れる
・意思決定権を持つ
・選挙権を持つ

配当をどのくらい受け取れる?

Fcoinの取引所収入の80%が毎日分配されます。そこにBTC価格や流通しているFTの枚数・保有枚数を元にして計算された金額が配当金額となります。具体的な式は以下のようになります。

「1日の累計収益」×「現在のBTC価格」÷「現在流通しているFTの枚数」×「保有FT枚数」=配当金額(万円)

具体的な数字を当てはめて計算すると、大体3~5%が配当として貰えるみたいです。10万円分のFTコインを買ったとしたら5%の5000円ってことですね。

意思決定権と選挙権

こちらについては現状は詳しく分かっていませんが、ほとんど気にしてる人もいないというのが現状では無いでしょうか。

とにかく毎日配当金が受け取れるのが重要すぎるので、こちらはオマケのようなものですね。

価格が爆上げ

現在はやや落ち着きを見せていますが、ここ1ヶ月で30倍以上の凄まじい爆上げを見せています。まだまだ上がる可能性が高いので、今が買い時ではないかと予想しています。

まとめ

今後も取引所トークンがどんどん出てくると予想されますが、FTコインはHuobi元CTOが設立した取引所で信頼出来ます。二番煎じのものよりは確実にFTコインのほうが良いでしょう。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です