仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

仮想通貨による市場との繋がりの可能性

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

仮想通貨による印象的利益

仮想通貨に摂って2017年は画期的な年となりました。今ではビットコイン、イーサリアム、リップルなど様々な仮想通貨会社が有り、彼らの意識は主流の市場で高める事ができ、尚且つブロックチェーン技術と言う革新的な新しいアプリケーションを手に入れる事で印象的な利益をもたらしました。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できる事を言います。

仮想通貨はこの数年で急上昇し全国にそのもの自体を広める事が出来ましたが、決して困難や疑いの議論が無かった訳では有りません。

仮想通貨社による問題

貿易のボラティリティはこの数カ月、投機家の声を無視しつずけた上、ビットコイン社が1日で単価の半分近くを急降下させると言う問題が生じました。その他にも、大規模な価格変動が依然として大きな問題になり、市場はとても不安定である事を明かしました。しかし、業界がバブルに直面したとしても、成熟し革新的な市場につながる可能性があると計測されています。

ローナルド*リーガンの元管理責任者、デイビッド*ストックマンによると:

逝かれた投機家の集まりで、いつか痛い目に会う。その痛みから学ぶものが出てくるだろう。

チャールズ*スチュワブのチーフストラテジスト、ジェフリー*クレイントップによると:

逝かれた投機家の集まりで、いつか痛い目に会う。その痛みから学ぶものが出てくるだろう。

JPモルガンの最高財務責任者である、マリアン*レークによると:

逝かれた投機家の集まりで、いつか痛い目に会う。その痛みから学ぶものが出てくるだろう。

急上昇に乗った仮想通貨

いくつかの適応症が有り、それは仮想通貨のビジネスモデルがバブルである事である。状況はドット*コム*バブルと繰り返し比較されており、いくつかのケースでは類似点は見やすいとの事。潜在的な革新的な新技術の興奮によって、投資家は空を約束した企業に何百万ドルもの資金を提供しましたが、何も提供する事が出来ませんでした。

90年代にはインターネットの登場、上昇で有りましたが、現在の市場はブロックチェーンを基本としていて、その他にも過去数カ月間に7億ドルから800億ドル野生株に押し上げられたにも関わらず、仮想通貨の時価総額は1ドルに近ずいてきているようです。

ビジネスモデルによる評価

仮想通貨の評価における現在の急激の増加は、大部分が完全に規制されていないビジネスモデルによって評価されています。又、彼らの実用的なアプリケーションが最高、疑わしくても、最も華麗な資産に報酬を与えるとのことです。

ブロックチェーンベースの多くの企業が提唱している大規模な資本では明らかです。2017年の半期だけでも、ICOは資金調達で約800百万ドルを調達し、最初の6ヶ月で資本金を1.3億ドル収穫しました。

個人的には、最大の仮想通貨は全て一年前に検討されていない評価に達しています。又、時価総額による最初で最大の仮想通貨会社であるビットコインは、過去12ヶ月で1,700%以上上昇し、800ドルを上回り約20,000ドルまで上げることが出来ました。

ビットコイン キャッシュ、イーサリアム、ライトコインは2017年に全て同様の軌跡を見ており、断続的成長を指摘しています。又、バブルの兆候はこの条件に有り、現在のビジネスモデルは持続不可能と思われているます。だが、様々な理由から現実は若干異なっているかも知れません。

より成熟した仮想通貨

バブルが大きくなっても、実際には仮想通貨の市場は成熟の方向に向かっている事が分かります。1つは政府が仮想通貨の通貨に可能性を認識し始め、いくつかの点でそれらを受け始めている事です。特に日本は、ビットコインを2017年に法的支払い方法として認定するとともに、境界内でいくつかの仮想通貨の通貨交換を認証しました。

他の企業は仮想通貨の市場を規制し始めており、安定性の向上が採用の拡大に繋がることを期待している事を発表しました。その他にも、EUといくつかのアジア諸国は市場に何らかの秩序をもたらす新しい法律を制定している。米国でさえ、主要な取引所はより多くの機関投資参加のためのツールとしてビットコイン先物を提供し始めだしています。

だが、企業や起業家は、市場の基盤技術であるブロックチェーンを採用して、盛んなアプリケーションやサービスのビジネスモデルを生み出しています。

ブロックチェーン能力の使用

企業は、仮想通貨の投機的利益に頼るのではなく、ブロックチェーンの能力を活用するなど良い方法を見つけ出すことが出来ました。又、すでにいくつかの企業では、スマートな契約を簡単に作成できるーJincorなどのより良い契約の作成から、消費者がファイナンスやクラウドストレージなどのサービスへのアクセスを改善するなど、いくつかの従来のビジネス活動を改善する考えを生み出しています。

仮想通貨交換など、ブロックチェーンのスタートアップは仮想通貨による支払を容易にしており、セルフキーのようなものは、個人の識別のためのより良い形態を作る為、集中している事が分かります。さらに、財務面では、レゴラスのような企業がウェルスマネージメントと投資プラットフォームを改善しています。

これらのアプリケーションは急速に普及しており、新しい企業はさまざまな方法でこれらのサービスをこのアーキテクチャーに移行しています。しかし、ブロックチェーンには新たな開発と雇用が必要な為、多くの人には自然の壁が有ります。

現在、ほとんどの企業はイーサリアムのERC-20プロトコルとスマート契約に依拠して新しいアプリケーションを構築していますが、そのパラダイムは依然として非常に重いです。代わりに、いくつかの企業は既にブロックチェーンベースのアプリケーションを開発するためのより良い方法を投げだしています。

新興セクターはすでに約束を示しており、新しいアプリケーションはビジネスモデルをさらに拡大しています。

2018への期待

仮想通貨の市場が依然として不安定であるという兆候が過去のマニアに四敵する高い評価と急速な成長ペースを含めて有ります。

しかし、来年の成功はより幅広い採用に大きく依存し、又、投機的な波に耐えられる市場が成功するでしょう。ビットコインの評価が非常に変動し続ける場合、投資家と取引所は最終的には脅かされ、取引は減少する可能性が有ります。その他にも、最近の急激なスイングは、より広範な市場で、現在の急上昇がいかに不安定であるかを強調しています。

2018年は業界にとって大きな一年となることが期待されています。バブル崩壊の懸念が高まるにつれ、多くの人が楽観的にそれを見ているでしょう。

仮想通貨の市場は成長していますが、持続可能性を示し、より良い代替性を提供しなければなりません。より多くの企業が仮想通貨とブロックチェーン技術を効果的に使用していることから、固有の利益の認識が高まるにつれ、全体のビジネスモデルは安定して拡大し続けるはずです。

参考記事

Is the Crypto Market Booming or Maturing?

https://cointelegraph.com/news/is-the-crypto-market-booming-or-maturing

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です