仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

ビットコインよりも使いやすいLitecoinの将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事では Charlie Lee/Litecoin財団が開発しているLitecoin(LTC)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名Litesoin
通貨略号LTC
公開日2011年10月
時価総額順位6位
発行枚数(上限枚数)84,000,000
取り扱い取引所binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパー-

LTCの価格推移チャート







2013年
キプロスの金融危機の影響により急騰
2015年
半減期を迎え急騰、その後急落
2016年
再度の価格上昇
2017年
5月に行われたSegwit有効化の影響により急騰

LTCの基本情報

ライトコインは2011年10月にGoogleの従業員であったCharlie Lee(チャーリー・リー)氏によってGithubに公開され、現在はLitecoin財団という名の組織で開発を行っています。

また、ライトコインは日本でも有名なモナコインの原型になっている事でも知られ、ビットコインとほぼ同じ形になっていますが数あるアルトコインの中でも初期の頃に作られた仮想通貨なので長期的で根強い人気のある仮想通貨になっています。

LTCの特徴

・ブロック生成時間が短い
・マイニングシステムが簡単
・発行枚数が多い
・ビットコインの影響を受けやすい
・長期的に期待できる将来性

ブロックの生成時間が短い

基本的にビットコインの1ブロック生成にかかる時間はおよそ10分になっていて、これは承認されるまでにかかる時間が10分間である事を意味しているですが、ライトコインでは1ブロックの生成にかかる時間は大体2分半で、ビットコインのおよそ4倍のスピードで取引する事が可能になっています。

また、承認のスピードが速いという事は「ダブルスペント」と呼ばれる「二重支払い」の防止効果も期待できるようになっていて、複数の人に同時に送金をした際に起こる可能性がある「一人に対してだけ送金が正しく行われない」という事態を回避しやすい事は大きなメリットです。

ただし、承認時間が短くなる事で改ざんなどに対するセキュリティ面で弱くなると言われていますので、そちらの方ではデメリットだとされています。

マイニングシステムが簡単

ビットコインのマイニング(取引処理)は膨大な計算をかなりの速さで並列的に演算することが重要になるので、ビットコインのマイニングの難易度は高くなり基本的には高性能のコンピューターや専用のシステムを組み込んでいないとできません。

それに対して、ライトコインではビットコインが採用している「SHA-256」というアルゴリズムではなく「scrypt」と呼ばれるアルゴリズムを採用していて、ビットコインで使われる「SHA-256」ではほぼ出来なかった一般的なコンピューターでもマイニングに参入することが可能となりました。

これにより、ビットコインのように限られた一部の有力なマイナーのみが大きな影響力を持ったり、決定権を独占する事態になりにくく、非中央集権型の仕組みが整っている通貨です。

しかしScryptは今まであまり使われる事のなかった暗号化方式なので、今後使い続けていくうちに何らかの問題が見つかる可能性が懸念され、この先も確実に使い続けていけるのかどうかを疑問視している方も多いとされています。

発行枚数が多い

コイン発行上限がビットコインは2100万枚なのに対し、ライトコインの発行上限は4倍の8400万になっています。

これは上記のようにライトコインの承認時間がビットコインの4倍のスピードである事と関係があり、ビットコインはおよそ10分ごとに承認が行われ、その報酬としてビットコインが支払われるのに対し、ライトコインは2分半ごとに同じように報酬が支払われるため、報酬支払の頻度が高くなってしまいます。

そこで4倍のスピードで報酬が発生するなら仕事量も4倍にしようと言う事で、いわば報酬のインフレ率をビットコインとライトコインで合わせる為にビットコインの4倍の発行量にする事でその辺りの調整を行っているのです。

なお、市場に出回る通貨の量が多くなると言う事は、ビットコインに比べてライトコインの単位通貨あたりの価格は低くなりますが、多くの需要に応える事ができるので日常生活での決済や送金などに使いやすいですし、ビットコインよりも乱高下が少ないので安定と言う意味でも発行枚数の多さはメリットになるとされています。

ビットコインの影響を受けやすい

そもそもライトコインとはアルトコインの一種であり、ビットコインの補助通貨として多くの方に認識されており、時価総額ランキングでもビットコインと並んで上位にランクインしている人気のある通貨です。

開発者であるCharlie Lee氏がビットコインを改良して作り上げた事から、ビットコインと似た特徴を持っています。しかし、この点がビットコインの影響を受けやすい理由になり、ビットコインの動向によってライトコインの価値が変動してしまう事を避ける事はできません。

また、ビットコインはこれまでにものハードフォークを起こしていて、今後もマイナーや開発者との関係を考えるとライトコインも決して安定している状況ではなく、あくまでもビットコイン自体と比べてみれば安定していると言う話になります。

長期的に期待できる将来性

仮想通貨としてのライトコイン自体は特に目立った特徴を持っているわけではないので、現在のように数多くの仮想通貨が流通している状況ではライトコインだけが際立って成長していく可能性はほとんどないとされています。

ただ、上記の通り時価総額順位では常に上位にランクインしている事を考えてみると、ライトコインというものは仮想通貨の市場が拡大すると共に成長していくような長期期待銘柄だとされていますので、長い目で見るとてメリットが大きいです。

繰り返しになりますが、同じ決済用通貨であるビットコインや、そこから分岐したビットコインキャッシュなどもハードフォークなどにより不安定な状態が起きやすいので、ライトコインはリスク回避先として選ばれやすくなりビットコインやビットコインキャッシュの状況によっては一時的な急騰の可能性もあります。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

ライトコインは基本的にビットコインの補助的な役割として誕生したので、ライトコイン単体ではそれほど目立った特徴などは無いですし、ビットコインの影響を強く受ける事から、やや不安定な動きを見せる事があります。

ただし根強く支持されている事も事実になりますので、これから先のアルトコイン市場が拡大していくにつれ需要が高まるでしょう。劇的な乱高下は無く長期的に使っていく事が期待できる仮想通貨です。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です