仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

すでに国内で利用可能なMONA(モナコイン)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事では日本の有名な巨大掲示板「2ちゃんねる」から生まれた国内初の仮想通貨で、ライトコイン(取引スピードが早く、将来的には決済手段としての利用が期待されている通貨)などの採掘プールである「2chpool」を運営していたわたなべ氏(Mr.Watanabe)という方が開発したMONAコイン(モナコイン)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名MonaCoin(モナコイン)
通貨略号MONA
公開日2014年1月1日
時価総額順位75位(2018年1月10日現在)
発行枚数(上限枚数)1億512万MONA
取り扱い取引所Bittrex(ビットトレックス)
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパー-

MONAコインの価格推移チャート

OkCashの価格推移チャート







2014年
1月1日  モナコイン誕生
1月6日 ショップMONA JUNK Parts shop開設
1月9日 monaca開設
4月30日 Monappyサービススタート
8月1日 1monaが100円近くに値上がり
8月17日 夏コミにモナコミ創刊号出展
12月30日 冬コミにモナコミ第2号出展

2015年
8月16日 モナコミ第3号コミケ出展
9月27日 新アルゴリズムLyra2REv2へ移行
12月17日 amaten、ビットコイン・モナコインでのギフト券購入可能へ

2016年
8月14日 モナコミ第4号コミケ出展

2017年
4月16日 Segwit可決
7月21日 取引所ビットバンクに上場
10月2日 取引所bitFlyerにモナコイン上場
11月7日 メイドカフェ「プリマプリモ」にてモナコイン決済導入
12月28日 モナコミ5号コミケ出展
※時価総額10億ドルを突破、1時期時価総額20位代まで上昇

モナコインの基本情報

日本初の仮想通貨です。日本の巨大掲示板「2ちゃんねる」で生まれた有名なアスキーアート、『モナー』をモチーフにしています。Twitterのアカウント同士でモナコインを取引することができます。

国内でモナコインを利用した決済が利用できる店が既にあり、今後増えていくと期待されています。そして、取引処理スピードがビットコインの7倍ほどの速さ、送金したらすぐに届くので使い勝手が良いです。

モナコインの特徴

・ライトコインベースで、世界初のSegWitを実装したコインであります。
→ビットコインに比べて取引処理スピードが7倍も早く、手数料も安いのが特徴です。

・国内でモナコイン決済が利用できるお店・モナコインを決済することで取引できるサービスが多数存在します。

・Twitterで気軽に他人にモナコインを送れます。
・日本円での取引が主流のため将来性に期待できます。

・ビットコインを凌ぐ技術力があります。
→処理スピードもビットコインの6倍ほどあるといわれています。

・モナコインコミュニティが充実しています。ファンが多く活性化しています。
→他の仮想通貨でもコミュニティが充実してるコインのほうが賑わっています。今現在日本国内でのみの仮想通貨なので、日本人のモナコインのファンが多く活性化しています。今後上場されることで世界規模になればもっと広がりを見せると思われます。

国内でモナコイン決済が利用できるお店・モナコインを決済することで取引できるサービス

・Monappy
サイトに会員登録することでイラストや漫画をモナコインで購入、売買することができます。

・Ask Mona
2chのような掲示板で書き込みに対してモナコインを送金できるシステムです。

・秋葉原の「ark」というPCパーツの専門店では「Zaif Payment」(Zaifが提供しているモナコインを実店舗で利用できるサービス)を利用してモナコインで支払いを行うことができます。

・秋葉原のメイドカフェ「プリモプリマ」でもモナコインで支払うことができます。

・番外編「モナコインで売買された意外なもの」
2014年には土地が3万2001MONAで売買された実績もあるそうです。これはニュースでも取り上げられていたので、記憶にある人もいるかもしれません。現在twitter上でモナコインと検索してみると、不動産を写真付きで●●MONAで売ります、と投稿している人もいます。今はまだあまりない事例なのでピンとこない感じですが、将来的にはT-POINカードのような感覚で使われる日もくるかもしれませんね!

Twitterで人に気軽にモナコインを送ることができる

tipmonaという投げ銭サービスが利用できます。もともとモナコインは、例えば、路上ライブとかをしている人にお金を投げ込む「投げ銭をする」という感覚のインターネット版を行うために作られたコインなのです。

Twitterアカウントがあれば誰でも利用できて、「@tipmona tip (ユーザー名) (数量)」とツイートするだけで気軽にモナコインを送れます。誰かに何かを教えてもらったり、絵を描いてもらったりしたお礼に使ったりするのにいかがでしょうか。

今後もっと知名度が広がり一般的に利用されるようになれば、Youtubeやニコニコ動画の動画コンテンツの投稿、pixivなどの絵の投稿に対して応援や評価など、自分の好きなものや好きな作者への、感謝または応援という形でモナコインを送ることができる日が来るかもしれませんね。

モナコインの将来性は期待!?

モナコインを取り扱っている取引所は現在、国内でわずかです。今後、bitFlyerの米国進出によりUSDで上場され取引されるようになればいまより価格は上昇すると思われます。モナコインは日本円での取引が多いため、ビットコインの値動きに左右されないこともメリットです。

アルトコインはビットコイン建てやイーサリアム建てなどがあるため主要通貨の動きでだいぶ値段が左右されます。投資のリスク分散にも良いと思われます。

まもなく東京オリンピックも控えてますので、秋葉原など外国人に人気のスポットで多数もなコインが利用できるようになれば世界的な認知度も上がって一気に価格が上がるとも考えれます。今の値段で買っておいて寝かしておくのもいいかもしれません。

[bitFlyer]

モナコインのまとめ

・ライトコインベースで、世界初のSegWitを実装したコインで、その力はビットコインを凌ぐものです。
今後に期待できます。

・今現在日本国内でモナコインで支払いができるお店・モナコインを利用できるサービスが多数存在し賑わってきています。
今後もっと多くの人に利用できるものが広がることに期待できます。

・Twitterで気軽に他人にモナコインを送れることで、ちょっとしたやり取りのお礼など新しい形で使うことができます。

・国内でモナコインコミュニティが充実しています。これから海外の取引所でも取り扱われるようになればさらなる飛躍が望めます。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です