仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

ETHプラットフォーム「ERC20」とは

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

ICOで資金調達をする時によく利用されるものとして、ERC20と言われるトークン(代用通貨)が利用されることが多くなっています。ERC20とは、イーサリアムのシステムを利用したトークン(代用通貨)と言われるものです。

ERC20とは

ERC20とは、仮想通貨そのものの事ではなく、イーサリアムと同じ技術を使うことで新しくトークン(代用通貨)を発行する時に用いる技術・基準・仕様書でありプラットフォームのことです。イーサリアムでトークンを作り出すためのルールとなります。

通常、仮想通貨を発行するためには、トークンやウォレットのインフラ開発を最初から行わなければいけません。これは資金も時間もかかりますので、新しいトークンを発行したくても簡単にはできないという実態があるのです。

しかし、ERC20はそのための仕様書が出来ているということですから、これを利用して、オリジナルのアイデアを加えることで、新しいトークンを作り出すことができます。そして、ERC20では共通のウォレットが使えますので、とても使い勝手が良いのです。

これは、一般的な料理のレシピを参考にして、食材を変えたり、調味料を変えたりして、オリジナルの料理を作り出すような感覚と言えるかもしれません。全て最初から考えると時間がかかりますが、アレンジを加えるのであれば、アイデアがあればやり易いですからね。

なぜERC20が求められたのか

それぞれの通貨の独自性が価値のように感じられる仮想通貨ですが、なぜ、ERC20といわれるプラットフォームが作られ、多くのトークンがそれを利用するようになったのでしょうか。それは、取引所の扱い方やウォレット開発がとてもコストがかかり大変なためです。。

どんなものでも、最初はオリジナルの規格でそれぞれのものが作られますが、流通や使用者の視点から考えると、ある程度決まった形がある方が利用しやすいものです。仮想通貨の世界でも同じことが起こり、そのために作られたのがERC20といわれるプラットフォームになります。

この考え方は、各社で携帯の充電器の差込口が同じようにされていたり、DVDやブルーレイが統一規格にあるのと似ているのかもしれませんね。

ERC20の魅力

ERC20を使うことで新しいトークンを多くの時間や資金をかけずとも作り出すことができるのです。これは、企業にとってはとてもありがたいことで、資金を集めたり、新しく仮想通貨の分野で開発を行っていこうと考えていれば、進出しやすいというメリットがあります。

もちろん、利用者側にもウォレットを分けなくても良いといったメリットが挙げられますね。通常、それぞれの仮想通貨を購入した場合には、その通貨に合ったウォレットが必要になってしまいますから。

しかし、ERC20を利用して作られた仮想通貨であれば、イーサリアムを元にしたウォレットを使うことができるのです。

ICOに便利

ICOとは、企業が資金を集めたいときに、新しく仮想通貨を発行して、その通貨を購入してもらうことで資金を集める方法です。株式の発行、購入と形は似ていますが、仮想通貨を作れば簡単に販売できますから手軽に資金を集めることができる方法と言えます。

このICOを行う時に、新しい仮想通貨を作り出しますが、全ての開発を最初から行うには、莫大な資金と時間を要することになりますよね。そこで、このERC20のプラットフォームを使ってアレンジを加えることでオリジナルの仮想通貨を作り出すのです。

扱う取引所にしても、新しいトークンを購入する人にとっても、全く最初から作られたものであれば、そのトークンがどういったものかわからずに扱いに困ることも多いですが、ERC20を利用しているとなれば、基本技術が同じなので判断しやすいという利点があります。

新しく事業を始めたいと考えている人には、クラウドファンディングや大口の投資家を探すよりも便利で多くの資金を集めることができるのです。ただし、出資をしてくれる人のためにも意義のある内容を考え、それを実行に移せるだけの説得力がなければICOは成功しません。

ECR20でICOが急激に加速

イーサリアムの最大の特徴であるECR20は、仮想通貨を作るプラットフォームです。ECR20により、通貨を作る際にインフラから作る必要がないため、コストが削減され、比較的に簡単に通貨を作ることができるようになりました。最近は、このプラットフォームを利用した通貨が増えてきています。

現に、仮想通貨市場の80%がイーサリアムのプラットフォームを使っています。

イーサリアムプラットフォームシェア率

参考URL https://jp.cointelegraph.com/news/the-ethereumization-of-wall-street-is-inevitable-expert-take/amp

イーサリアムとの利便性の良さ

イーサリアムを利用しているERC20のトークンであれば、同じウォレットで管理することができますので、多くのウォレットを用意したり、管理する手間がなくなりますよね。イーサリアムを基軸通貨としていますから、システムがわかりやすい面もありますし、イーサリアムとのやり取りに関しては利用しやすいというメリットもあると言えます。

イーサリアムがきちんと稼働していることが条件となりますが、現在では、イーサリアムという仮想通貨は、ビットコインに次ぐ知名度がありますし、安全に利用することができていますので、土台はしっかりとしているといえるのです。

同じ仮想通貨の仲間のように扱われることで、ウォレットも同じものが使えますし、取引所でも扱ってもらいやすくなります。それによって、新しいトークン自体の価値が最初から開発を行ったものよりも数倍上がってくることが予測されるのです。

安全性の確保

新しいトークンが発行される時に気になるのは、その安全性と信頼性ですよね。開発者は、安全性がきちんとしていなければ、このトークンを購入してもらうことができませんし、取引所は扱いが難しくなってしまいます。

購入者としては、1番に安全性を考えるほどに大事な部分と言えます。安全であるからこそ、新しいトークンを購入してみようという気持ちになるからです。しかし、全く新しいシステムで開発されたトークンであれば、本当に安全性に問題がないのか判断に迷うところですよね。

そこで、このERC20を利用していれば、購入者が安全性を信頼して購入することができるのです。それは、イーサリアムで使われている仕様で開発がされていることがわかるためイーサリアムの安全性に準拠していると認識することができるからです。

まとめ

沢山の仮想通貨が知られるようになり、出回るようになってきています。そこで度々聞かれる単語にERC20と言葉がありますが、これは仮想通貨そのものではなく、仮想通貨を作るための仕様書・仕組みになるのです。

イーサリアムを基本としていますが、同じ仕様書で新しいトークンを作り出すことで開発者も取引所も購入者も安心して利用することができる安全面を確保しています。今後もこのようなERC20を利用してICOを行うなど新しい仮想通貨やシステムが考えられていくはずです。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です