仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

速いし安いOkCash(Ok)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではとにかく速くて安いという評判のOkCash(Ok)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名OkCash
通貨略号Ok
公開日2015年4月
時価総額順位178位
発行枚数(上限枚数)105,000,000 OK
取り扱い取引所Bittrex
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパー-

OkCashの価格推移チャート







2014年
取引開始

2017年5月
上昇基調

2017年9月
Poloniex取引所への上場

OkCashの取り扱い取引所

OkCashの基本情報

OkCashは高速取引が最大の売りになっている仮想通貨であり、基本的に世界中のどこに居ても即座に取引ができる事が多くの方に支持されていますし、原則として銀行を通しての取引ではないので余計な手数料なども発生する事はありません。

また、仮想通貨に関する事で多くの方が心配するポイントであるセキュリティーに関しても高いレベルになっているので、比較的初心者向けの優しい仮想通貨だと言われています。

OkCashの特徴

・高速
・分散化ネットワーク
・LTSSシステム
・世界中で通じる言葉
・将来性が高い
・OkCashウォレットが使いやすい

高速

OkCashの取引はとにもかくにも送金などのスピードが他の仮想通貨と比べて桁違いに早い事が特徴になっていて、事実上瞬時に取引ができる上に銀行の手数料などもかからないので、非常にライトな感覚で取引する事ができるようになっています。

また、この高速であると言うのはただ単に取引がしやすいというだけでなく、その取引自体にかかる時間が短くなるのでストレスが減少するという効果もあり、この高速という一点だけでも十分なメリットであると考える方も多いです。

分散化ネットワーク

この分散化ネットワークとは一切の仲介人を必要としないということを意味していて、OKCashのネットワークはビジネスとして活用する事はもちろんですがマーケットでの手数料も最安値で取引可能になり、チャージバック詐欺も防止する事ができるのでまるで友人にLINEやメールを送信するかのような気軽さで取引を行う事が可能です。

また、OkCashは個人として活用する際にも安全性には配慮されていて、高いセキュリティレベルの元で仮想通貨を使った買い物をもできますし、クレジットカードをスキャナーに通したりする事などもないので様々な意味でセキュリティ高く、仮想通貨としてはかなり安全に利用できるとされています。

LTSSシステム

LTSSとは(Long Term Sustainable Staking)の略になっていて、簡単に説明するとOkCashを所有している状態でオンラインにしているだけで数パーセントのコインが増えると言う物で、持っているOkCashに対して利息が付いていくようなイメージだと理解しやすいと言われています。

また一般的に仮想通貨には半減期と呼ばれる流通量を半分に抑える現象があるのですが、これは流通量を抑える事で価値が上がるという仕組みになっています。大体11回あるとされる半減期が終わる2044年以降にはOKCashは固定したパーセンテージとなりますが、このようにマーケットに対して安定性を保つ事は信頼へと繋がり、コンスタントな成長と安定的なレートが期待できます。

2148年まで続くとされる長期のLTSSの最後の100年間をより安定した状態で迎えることができると言われています。

世界中で通じる言葉

基本的に「OK」という言葉は世界中のどの言語でも理解される二文字だと言われていて、その意味である「大丈夫」や「安心」などをたったの二文字で表現できる事から、世界中で認知されやすくその事が多文化主義へと繋がり将来的には世界規模での取引になるのではないか言われる理由になっています。

また、この言葉からは「信頼」なども感じる事ができるので高度なセキュリティレベルや詐欺まがいの問題の抑止などにも力を入れている事が窺え、その様な意味でもOkCashは今後の発展が期待できるとされている仮想通貨です。

将来性が高い

これからのグローバリゼーションの時代を迎えるにあたり、上記の非常に分かりやすく信頼できそうな通過名である事は重要なポイントになっているのですが、それだけで将来性が高いわけではなく長期的に見た場合のメリットも非常に大きいとされています。そのメリットというのは上記の半減期の回数になるのですが、この半減期の回数は11回と決められていて、そのタイミングで価値が上がる事が予想できるのです。

そしてその半減期が全部で11回あるという事は値上がりのタイミングも11回ある事になり、ここでの判断は個人個人によって違ってくるのですが基本的にチャンスになるとされていて、長期的な視野で仮想通貨の投資をしたいと考えている方にはオススメできると言われています。また、LTSSの特徴でも触れましたが非常に長い期間のステークが可能なので、特に何もせずただオンラインに繋いでいるだけでも塵も積もれば山となるの言葉通りに将来的にはある程度まとまったコインが入手できるかもしれません。

OkCashウォレットが使いやすい

OkCashウォレットとはOkCashの送受信や保存の為に必要なソフトウェアになっていて、設定も簡単でありこのソフト起動した状態でいるとウォレットの中にOkCashがある限り所有しているOkCashの数パーセントを報酬として獲得できます。

したがって通常通りに仮想通貨をやり取りする場合でもこのウォレットは持っていた方が良いと言えますし、収益性はやや低いもののPOS通貨としては開始直後から安定していますのでそちらも期待できるポイントです。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

OkCashは仮想通貨の取引が非常に早く基本的にすぐに反映されるようになっていて、手軽にやり取りができる他に仲介業者などもいないので余計な出費を無くすことができるというメリットがあります。また、気軽に取引ができるだけではなく将来性も非常に高いと言われていて、今後の動向として仮想通貨は全世界規模での拡大が予想されていますので、その様な意味でも認知されやすいOkCashはこれから注目を集めると言われています。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です