仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

企業が多数投資するAelf(ELF エルフ)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではAelf社が開発しているAelfコイン(エルフ)のその特徴や将来性について徹底調査したので報告します。

通貨名Aelf
通貨略号ELF
公開日2018/01
時価総額順位56位
発行枚数(上限枚数260,000,000ELF
取り扱い取引所バイナンス
公式サイト
公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

Aelfの価格推移チャート







2018年
現在、airdrop(無料配布)中で注目を集めています。価格変動はあまりなく現在は安定していますが、2019年に本格導入を目指していることから今後の価格変動が期待されます。

Aelfの基本情報

中国発の企業、Aelfの一番の特徴として、通常の仮想通貨がICO(仮想通貨を発行・販売することで資金を調達する方法)をすることが多いなか、ICOではなく、企業が資金を投資する形でスタートしました。

多くの仮想通貨は投資家が仮想通貨を購入する形での資金調達となりますが、Aelfは企業が投資したということでそれだけ企業からも注目を集めているようです。2018年1月からairdrop(無料配布)が始まったことでより注目を集めるようになりました。

Aelfの公式サイトでは日本語ページもあり、日本語にするとトップに「分散型クラウドコンピューティングブロックチェーンネットワーク」(1点集中で効率が悪くなっている1つの作業を他のコンピュータと作業分散することで作業時間を短縮する方法)と書かれていますね。

今後様々な方面でのサービス組み込みを目指しているようですので、今後がさらに期待される仮想通貨と言えるでしょう。ただ、1年間という期間がありますので、長い目で見ることをおススメします。

Aelfの特徴

・ICOを利用していない
・作業を分散し処理時間を短縮する
・Airdropを行っている
・インターネット基盤を目指している

ICOを利用していない

仮想通貨の資金調達の方法としては、ICO(Inital Coin Offering)と言われる実際に仮想通貨を販売・発行することによって資金を調達する方法が主流ですが、AelfはICOを使用せず、企業が投資する形で資金を調達しました。

通常の仮想通貨ではICOを利用することが多いですが、Aelfはそれだけ企業からも注目を集めている仮想通貨と言えるでしょう。今後の成長過程でも沢山の企業から協力を得ることができるのではないでしょうか。

詳しい理由等は紹介がありませんが、大手中国企業が多数投資していて、企業からも今後の成長が期待されているのではないかと思います。

企業からの投資のみで資金を集められたということにも驚きですが、大手企業も協力しているということで企業・投資家問わず、今後の成長を見守る方は多いのではないでしょうか。

作業を分散し処理時間を短縮する

Aelfの一番の目的としては公式サイトのトップページにもあるように「分散型クラウドコンピューティングブロックチェーンネットワーク」をすることです。

分散型クラウドコンピューティングブロックチェーンネットワークと言われてもどういうことなのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

インターネット上にある会計サービスやWebメール、ファイルの共有や保存が行えるストレージサービス等、ユーザー登録をするだけで簡単に使用することができます。

ただ、そのサービスが1点に集中してしまうと、どうしても効率が悪くなってしまいます。仕事を1人で行うよりも多数で分配して行った方が早く終わりませんか?

Aelfが行うシステムはこういった1点に集中してしまっている処理内容を分散して短時間で処理をするというシステムです。短時間で処理できるようになることで効率が良くなり、さらなるサービス向上を目指すことができますよね。

実際に企業が投資していることを考えると、この分散型ということに注目をしている企業が多いということではないかと思います。

Airdropを行っている

Aelfは2018年1月から現在までAirdopを行っています。Airdopとは、仮想通貨の世界では無料配布のことを言います。コインの開発側としては知名度のアップと保有者の増加を狙ったものです。

ただ、現状Aelfが注目を集め始めていることから、いつ終了してしまうかわかりません。Aelfを入手したいという方は早めに入手することをオススメします!

また、万が一の場合を考え、登録には使い捨てメールアドレス(GmailやYahoo!メール等)を利用したほうがいいでしょう。

Aelfは比較的安全と思われますが、ハッキングによる個人情報の流出はいつ起こるかわかりません。そういった場合に備え、通常のスマホや携帯のアドレスを使用するのではなく、使い捨てのメールアドレスを使用した方が良いです!

インターネット基盤を目指している

Aelfの今後の目標としていは2019/01までの約1年間を通して、様々なサービスへの組み込みを目指し、本格導入を目標としています。多くの企業からの投資によってスタートしたAelfですので、導入はスムーズかもしれません。

ただ、短期間での導入が多い中、1年という期間を設けていてそれが前後する可能性を考えると、すぐに価値が出るわけではなく、長い目で見る必要がありそうですね。

実際にAelfが導入されることにより、各サービスの向上が期待でき、ネット社会がよりスムーズになっていくことが期待できます。それに伴い、Aelfの知名度がより上り、価格高騰が期待できるのではないでしょうか?

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

Aelfコインについてご紹介しました。特に注目すべきポイントはICOではなく、企業の投資によってスタートしたという事だと思います。多くの仮想通貨と違い、企業からの注目も多く、今後の変化が期待されています。

また、Airdropを行っているということで、すでに入手している方、検討している方も多いのではないでしょうか?本格導入には1年という期間を設けていますが、企業からの注目を考えると導入はスムーズなのかもしれません。

現在はほとんど変動していませんが、今後企業への導入によって本格的に始動すると価格の変動は大きくなるのではないかと思います。今後の変化・成長を見守りたいと思う仮想通貨です。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です