仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

オンライン上でカジノが楽しめる仮想通貨FunFair(ファンフェア)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではファンフェア開発チームが開発しているファンフェア(FUN)のその特徴や将来性について徹底調査したので報告します。

通貨名FunFair
通貨略号FUN
公開日2017年6月
時価総額順位66位
発行枚数(上限枚数)5,000,000,000FUN
取り扱い取引所バイナンス
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

FUNの価格推移チャート







2017年
6月:公開開始

2018年
4月:ベータ版公開予定

FUNの基本情報

ファンフェアはイーサリアムのスマートコントラクトを使用したカジノのプラットフォームです。ファンフェアの名の通り、誰もが楽しくフェアにゲームができるようにするというビジョンのもと、開発が進められています。カジノ市場をターゲットとして2017年6月に公開された仮想通貨です。

現時点(H30.2.2時点)で、日本ではオンラインカジノを始めとした、お金がかかる賭博行為は違法とされています。そのため日本人がカジノで遊ぶ場合は、海外で遊ぶことが基本となるため、日本ではカジノが浸透していません。

ただ、最近ではカジノ法案が可決したこともあり、オンラインカジノは日本でも注目されてきています。

日本ではあまり浸透してませんが、カジノは世界中で楽しまれているため、世界中のカジノ好き、カジノに興味がある人、ギャンブルが好きな人などさまざまな人が注目している仮想通貨です。

公正なカジノを実現可能

イーサリアムのスマートコントラクトを応用しているため、迅速で公正なカジノが運営されています。ユーザーはオンラインカジノのチップとして、トークンであるFUNを購入します。

これまではオンラインカジノを運営するには多くの作業が必要となり、その中でも「プレイヤーを集める」「システムを開発する」といった作業はなかなか難しく、資金力も必要でした。

ファンフェアはブロックチェーン技術を使用しているため、オンラインカジノでの課題となっているセットアップ作業を簡素化し、コストを削減することで誰でも自分のカジノを運営することができます。

また、ファンフェアのプラットフォームは高いレベルの透明性とカジノプレイヤーの資金や個人情報を保護しています。

ファンフェアはイーサリアムプラットフォーム上で開発されているため、中央で管理するサーバーが必要なく、低コストで安全なセキュリティを構築することが可能となるわけですね。

また、スマートコントラクトによって予めコードが定義されているため、胴元がカジノプレイヤーから不正に多くのお金を搾取するといったことを防ぐことができます。

実際に遊べる!

ファンフェアの公式サイトでは、実際にFUNを持っていなくてもオンライン上でカジノを楽しむことが出来るので、時間がある方は試してみるのも良いでしょう。

公式サイトでは、「ブラックジャック」「バカラ」「ポーカー」「ヨーロピアンルーレット」「クラップス」「レットイットライド」「カリビアンスタッド」「スロット」など全部で12種類のゲームを遊ぶことができます。

カジノ市場は全体で20兆円規模と大変規模が大きい市場ですが、カジノ市場をターゲットにした仮想通貨にはエイダコイン(ADA)やオーガー(Augur)などがあり、競合相手が多い仮想通貨ともいえるでしょう。

FUNの特徴

・スマートコントラクトを使用したカジノプラットフォーム
・トークン(FUN)を所持していなくてもカジノを楽しむことが可能
・2018年4月を目途にベータ版の公開が予定されている

スマートコントラクトを使用したカジノプラットフォーム

ファンフェアはイーサリアムのスマートコントラクト技術を使用したカジノプラットフォームです。そのため、迅速にオンラインカジノを提供することが可能となります。

通常は、オンラインカジノを運営するにあたり「プレイヤーを集める」「システムを開発する」といった工程が必要不可欠となるため、ある程度の時間や資金力(コスト)が必要ですよね。

カジノをイーサリアムプラットフォーム上で開発することにより、課題となっている開発時間やコストに関する問題を解決し、誰でも簡単にカジノを運営することができます。

オンラインカジノとしては「FortuneJack」などが有名ですが、ファンフェアが利用されることで将来的にはさらに多くのカジノが運営されることとなります。また、スマートコントラクトを使用しているため、安全なカジノを提供することが可能となるわけですね。

トークン(FUN)を所持していなくてもカジノを楽しむことが可能

現時点では仮想通貨(トークン)を使用したカジノはできませんが、公式サイトではトークン(FUN)を所持していなくてもカジノ(ゲーム)を楽しむことが可能です。

カジノ市場を想定した仮想通貨やプラットフォームはファンフェア以外にも多く、競合相手が多いですが、実際にアウトプットとして遊べる環境が用意されているのは現時点でファンフェアだけなので実用性という点では一線を画しているといえるでしょう。

2018年4月を目途にベータ版の公開が予定されている

2018年1期(4月頃)を目途にベータ版の公開がされており、ベータ版では仮想通貨を利用したカジノで遊ぶことができる予定です。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

カジノ法案の可決により、カジノ市場は日本でも注目が集まってきたいるため、仮想通貨を使用したオンラインカジノは今後とても期待ができると思います。

ファンフェアの他にもブロックチェーン技術をゲームを掛け合わせた仮想通貨や、ブロックチェーン技術とギャンブルを掛け合わせた仮想通貨は多数登場しています。

現状ではまだ実際のトークンは使用できませんが公式サイト上で12種類のゲームができるなど、ゲーム性・ギャンブル性のある他のプラットフォームと比較すると一歩リードしている印象を受けます。

これからの動向が非常に楽しみなファンフェアではありますが、こういったプラットフォームの登場によりカジノが急激に身近になることでしょう。

それによりギャンブル依存者の増加も考えられますので、利用者の年齢制限のように入場規制に変わる仕組みを検討するなど、プラットフォームを利用する上での様々な課題があるとも言えるでしょう。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です