仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

送金スピードが早いBitShares(BTS・ビットシェアーズ)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではInvictus Innovation社が開発したBitShares(BTS)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告します。

通貨名BitShares(ビットシェアーズ)
通貨略号BTS
公開日2014年7月
時価総額順位32
発行枚数(上限枚数)37憶BTS
取り扱い取引所Poloniex
Bittrex
Binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

BitSharesの価格推移チャート







2014年末
BitSharesXからBitSharesになる。

2017年
仮想通貨投資フィーバーにより2017年6月には1BTS0.3ドル円→0.46ドルと最高値を更新。

BitSharesの基本情報

BitSharesは2014年にInvictus Innovation社が開発した仮想通貨です。

BitSharesはウォレットであると同時に非中央集権取引所としての役割も持っており、ビットコインのように取引所にコインを預けずに取引ができるのが特徴です。そのため、低コストで効率良くスピーディーな取引を行うことができます。

また、分散型取引所 Open Ledger(オープンレジャー)ではBitSharesの通貨であるBTSをBitSharesの派生商品のSmartCoin(スマートコイン)に交換することも可能です。

SmartCoinはBitShares内での取引時には勿論、他社の取引所を介して取引を行うこともできるので、他の通貨と同じように使用することが可能となっています。今後分散型取引所がメジャーになっていけばBitSharesの価値が高騰する可能性も高いため、今後の成長に期待が持てる通貨です。

BitSharesの特徴

・BitSharesの方向性
・分散型取引所 Open Ledger(オープンレジャー)
・SmartCoin(スマートコイン)
・アフィリエイトシステム
・取扱取引所

BitSharesの方向性

Bitsharesは主にビジネス向けのプラットフォームの構築のために開発されました。そのため、様々な分散型自動化企業DACの構築に積極的に取り組んでいます。

分散型自動化企業DACとは管理者等の有人の管理を一切必要とせず、自動的にビジネス取引を行う仕組みのことをいいます。その仕組みに必要なのが、ブロックチェーンという技術となります。

【ブロックチェーン】:
ブロックチェーンとは、もともとビットコインのために開発された技術です。この技術には高い安全性があり、仮想通貨以外の普通の銀行でも利用されているほどです。

ブロックチェーンは取引の参加者同士がデータの改ざんなどの不正を行いにくいように、あらゆる場所に同一の情報を保管しておく仕組みとなっております。そのため、ブロックチェーンに参加している全員で監視を行うことができ、安心して取引を行うことができます。

分散型取引所 Open Ledger(オープンレジャー)

分散型取引所Open Ledger(オープンレジャー)とは、BitSharesでBTSの売買を行ったり、他の通貨との交換等の取引を行う「取引所」のようなものです。

Open Ledgerからウォレットにアクセスすることも可能となっており、Open Ledger内での通貨の保管も可能です。Open Ledger内で行った取引は全てブロックチェーンに記録されるため、有人の取引所との関わりがなくても安全な取引が可能です。

ビットコインの場合、取引時には専用の取引所に一旦コインを預ける必要があるため、取引所の管理者による不祥事等の人為的なトラブルも想定されます。

しかし管理者のいない分散型取引所 Open Ledgerであればそういった人為的なトラブルが無いため、安心して取引を行うことができます。

SmartCoin(スマートコイン)

SmartCoin(スマートコイン)はBitSharesの派生商品であり、価格連動・固定型の通貨となっております。価格連動通貨とは、様々な資産価値と価格が連動するという特徴を持っています。

例えばBitSharesの基軸通貨である「BitUSD」は「USD」と価格が連動しているため、「1BitUSD=1ドル」と価値が一定しています。
そのためsmartcoinを持っている=ドルを持っていると言っても過言ではありません。

BitUSDの他にも、「BitGold」は「金(Gold)」、「BitBTC」は「ビットコイン」というように様々な資産価値と価格が連動しています。

アフィリエイトシステム

BitSharesではReferral Rewards Program(リファーラル・リワード・プログラム)というアフィリエイトプログラムがあります。

例えば自分の紹介でBitSharesに口座開設した友人がプラットフォームで取引をした際、取引手数料を支払う度に自分に一定額の報酬が入るという仕組みです。

友人が口座開設しただけでは収入が入らないので、アフィリエイト収入を得るためには友人にBitSharesの利便性やメリットを伝えてより多くの取引を実施してもらうことが重要です。

取扱取引所

国内の取扱所では、まだBitSharesの取り扱いがありません。そのためBitSharesの売買には海外の取扱所を利用する必要があります。

取引所はbinanceやBittrexといったメジャーな取引所の利用をお勧めします。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

BitSharesはビジネス向けの「分散型金融ソリューションプラットフォーム」としての役割を持っているため、今後世界中の企業がビジネスコストの削減や効率化のためにBitSharesを導入していく可能性があります。
今後の成長が期待できる仮想通貨です。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です