仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

コインチェック不正送金騒動まとめ NEMを日本円にて全額返金へ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

先日NEMの不正送金で600億円弱を紛失してしまったコンkチェックですが、なんと全額日本円にて補償すると発表されました。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   

 

多くの人が返金を諦めていただけに、これは嬉しいニュースですね。返金がいつになるのかはまだ未定ですが、しっかりと責任を果たしてくれるということで気長に待ちましょう。

不正送金の原因は?

「コインチェックがNEM(XEM)を盗まれたのは、
NEMの マルチシグコントラクトを採用していなかったためです。今回の件はNEMの脆弱性によって起きたものではないためハードフォークは行いません。今回の事件は 仮想通貨史上最大の被害額となるでしょう」  

ネム財団のLon Wong氏はこのように見解を述べています。マルチシグとは、仮想通貨にアクセスするための鍵が複数あるという意味です。

コインチェックはビットコインに関してはマルチシグを行っていたようですが、ネムに対しては準備中ということで出来ていなかったようです。

もちろんいずれは実装する予定だったのでしょうが、ちょっと対応が遅すぎましたね。その甘さを狙われてしまいました。

今後のコインチェックは大丈夫か?

今回の事件を受けてセキュリティを大幅に見直すことになるでしょう。しかし、一度失った信頼は簡単には取り戻せないと思います。当サイトでもコインチェックをオススメするのは一旦止めにします。

今回の事件が仮想通貨全体に与える影響は?

僕個人はコインチェックにお金をそんなに預けていなかったので直接的な被害はほとんど無かったのですが、仮想通貨全体に与える影響というのは気になるところです。

今回のニュースは金額が約600億円と莫大だったために、テレビやネットニュースでも広く報道されました。これを見た人が抱く感想として

・仮想通貨に興味あったけど、やっぱり怖いな
・所詮データ上のものだから、やっぱり危ないよな
・仮想通貨買ってなくて良かった。買ってた人はご愁傷様

このように思うのでは無いでしょうか?結果的に仮想通貨全体の進歩の遅れに繋がることでしょう。幸いにもコインチェックがすぐに返金の意向を示したおかげでチャートへの影響は少なく済みましたが、今後も「仮想通貨=盗まれるリスクが高い」という認識は消えないでしょう。

仮想通貨の安全な管理方法

日本の取引所で過去最大の被害額を出してしまった以上、ビットフライヤーやZaifなどの取引所に預けておくのも不安が残ると思います。最も安全な方法はハードウェアウォレットに入れてしまうことです。

USBとして保管出来るのでハッキングの心配もありません。

また、リスク分散の方法として複数の取引所とウォレットを利用するという方法もあります。例えば資産のうちの2割をコインチェックに、2割をビットフライヤーに・・・という風に分散することですね。

管理が若干大変になりますが、盗まれるよりは遥かにマシです。

まとめ

今回はNEMという仮想通貨が盗まれてしまいましたが、仮想通貨そのものに問題があったわけでは無いということはぜひ覚えておいてください。コインチェックの管理の甘さが招いた原因であり、NEMへの信頼が下がるというのは風評被害と言ってもいいくらいです。

今回のことで懲りたでしょうし、コインチェックは今後セキュリティに力を入れて欲しいですね。仮想通貨全体のために。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です