仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

クラウドの未来を変えるiEx.ec(RLC・アイエグゼック)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事でIEXEC BLOCKCHAIN TECHはが開発しているのiEx.ec(RLC・アイエグゼック)その特徴や将来性について徹底調査しましたので報告します。

通貨名iEx.ec
通貨略号RLC
公開日2017年4月
時価総額順位111位
発行枚数(上限枚数)86,999,785 RLC
取り扱い取引所binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

RLCの価格推移チャート







2017年
公開開始

2018年1月
バイナンス上場と共に値上がり

RLCの基本情報

アイエグゼックを一言で説明するなら「クラウドコンピューティングを身近にする」という物です。現在のクラウドコンピューティングと言えば、アマゾンのAWSやマイクロソフトが提供しているMicrosoft Azureがあります。しかし、アイエグゼックが目指しているのは商用クラウドではなく、より安い金額でより身近な存在にする事が目的です。

実際に今現在もクラウドコンピューティングの需要は高く、ウェブ構築やデータのバックアップなどに利用されています。クラウドコンピューティングは、膨大なデータを分析する必要がある医療や科学の分野でも需要は高く、アイエグゼックでクラウドコンピューティングが利用しやすくなれば、様々な分野で利用される事が期待できます。

RLCの特徴

・クラウドコンピューティングの分散化
・トークンは限定的な使われ方
・処理速度問題の新たな解決策
・企業提携が将来性を決める
・積極的に宣伝していない
・技術的な信頼度が高い

クラウドコンピューティングの分散化

まず、アイエグゼックの目標であるクラウドコンピューティングの分散化ですが、簡単に説明すると「皆で高性能のコンピューターを仮想で作ろう」という事になります。具体的には個人や企業などから余剰分のコンピューターリソースを売ってもらい、その余剰処理能力をアイエグゼックのブロックチェーン上の処理に使うという形です。

こうする事で、高額な高性能のコンピューターを現実に用意する必要は無くなります。コンピューターリソースを売る側には対価が支払われ、アイエグゼックの利用者は必要な分の処理能力を安い金額で確保できます。さらに、セキュリティ面でもブロックチェーンは安全性が高いので、この仕組みが実現すれば今までのクラウドコンピューティングとは全く違った形になると、中小企業を中心に注目を集めています。

トークンは限定的な使われ方

アイエグゼックで使用されるLRCトークンは、他の仮想通貨のように決済などには使用できません。LRCトークンは主にブロックチェーン上のサーバーなどをレンタルする際に使われるので、デジタル資産という意味合いは薄くなります。

個人投資家などはあまり魅力を感じていないのですが、このプロジェクトは将来的には爆発的な需要を生む事が予想されます。その為、今現在は低調な推移ではあるものの、バイナンス上場に伴った値上がりの動きも見られ今後の注目度は非常に高くなります。

処理速度問題の新たな解決策

アイエグゼックは、イーサリアムのブロックチェーンを使用しています。その為、他の仮想通貨のように情報量が増えると処理速度が遅くなるという問題が出る可能性が高いです。そして、この問題はブロックチェーンを採用している全ての仮想通貨が抱える課題であり、どの様に対応していくかがポイントになります。

この課題に対してアイエグゼックが出した答えは、簡単に言えばブロックチェーンに外付けでコンピューターを増やすという物です。具体的には、たくさんのコンピューターを繋いだクラウドコンピューターを作り、それをブロックチェーンに接続し、ブロックチェーン上のアプリなどの処理に必要な能力をクラウドコンピューターから提供してもらう形です。

なお、実際に分散型クラウドコンピューティングの技術は確立されていますし、イーサリアム以外のブロックチェーンにも対応可能になっています。

企業提携が将来性を決める

通常の仮想通貨であれば、そのトークンの所有者が多くなればなるほど需要が生まれ価値は高くなります。しかし、アイエグゼックの場合はその様な値上がり方をするわけではありません。一般的な仮想通貨と違って流通しにくいので個人投資家には旨みが少なく、ほとんどの方は名前すら知りません。

したがって、現時点では急激に所有者が増える可能性はほとんどありません。では何が将来性を決めるかというと、それはアイエグゼックがどれだけ有力な企業と協力できるかという点です。協力姿勢を示した企業のブランド力がカギになっていて、例えば世界的に有名な企業がアイエグゼックと提携すれば暴騰する可能性は非常に高いです。

また、アイエグゼックは事業が進展するにつれ値上がりが期待でき、ホワイトペーパーによると2020年に最終段階を迎えますので、その辺りであれば大幅に値上がりしている可能性があります。

積極的に宣伝していない

上記のように、大企業とどれだけ協力体制を取れるかがアイエグゼックの重要なポイントになります。しかし、アイエグゼックは個人に対する広告はもとより、メディア露出などもしていません。これは、一般的に使われているを宣伝をする事でコインの値段を釣り上げるメリットがあまり無い事が理由です。

なぜならば、アイエグゼックを利用するにはRLCトークンが必要ですが、そのトークンの値段が高ければ企業側が協力しにくくなります。また、アイエグゼックの開発陣はトークンが適性価格である事を望んでいて、こちらは短期的な利益よりも長期的な利益を目的にしている事が理由です。

技術的な信頼度が高い

アイエグゼックで最も懸念されているのは「実現可能なのか」という点になります。これに対する答えはまだハッキリとは分かりませんが、INRIA(フランス国立情報学自動制御研究所)とCNRS(フランス国立科学研究センター)のメンバーという技術者集団で構成されているので信頼度は高いです。

さらに、アイエグゼックの研究開発もヨーロッパと中国のトップ研究機関と共同で進められています。その為、実現の可能性は比較的高いとされ、今後の動向には注目が集まっています。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

仮想通貨としてのアイエグゼックは現段階ではそれほど目立った動きはありません。これは宣伝の不足や個人向けの通貨ではない事が理由になります。ただ、アイエグゼックが掲げる目標は非常に高い需要が見込める事から今後は期待できます。

なお、2018年1月にバイナンスに上場した事で知名度が高くなる事が予想されますので、アイエグゼックは一気に値上がりするかもしれません。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です