仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

個人の時間を売買するTime New Bank(TNB・タイムニューバンク)の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではMiao’A International Timechain社が開発しているTime New Bankコイン(タイムニューバンク、以下TNB)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告します。

通貨名Time New Bank(タイムニューバンク)
通貨略号TNB
公開日2017年11月27日
システム
発行上限枚数60億枚
取り扱い海外取引所Binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

TNBの価格推移チャート







2017年
11月27日 → 取り引きを開始(取引開始時価格0.033884$)

11月30日 → 取引開始時価格から約33%の下落(0.022331$)

12月18日 → 取引開始時価格の約3倍上昇(0.107988$)

TNBの基本情報

TNBは、個人の時間売買を目的とした、Miao’A International Timechain(M.I.T)社のコンピューター上の基盤、通称プラットフォームで利用される仮想通貨です。各個人の持つ時間に価値を付け、それぞれの専門・得意分野を他者がどれだけ必要と求めているかで個々の時間価値が上昇していきます。

時間価値は投資家により、平等に決定されます。そして、技術を必要としている買い手が売り手の時間をM.I.Tプラットフォーム上で購入する際の支払いに用いられるのがTNBの仮想通貨になります。

2017年9月に日本で登場したIT企業メタップス社から開発された「タイムバンク」に似ていますが、日本に限定しない、世界規模の時間のやりとりを仮想通貨で行うのがTNBの位置付けです。

Time New Bankの特徴

・個人の時間売買が可能なネットワーク体制を利用
・時間の売り手側の必要性、認識度を適切に時間価値に反映
・特殊なプラットフォーム構造
・世界最大の取引所、BITFINEX(ビットフィネックス)へも上場
・ICOから堅実な上昇を継続してきた

世界中の企業が参加出来る環境を整えている

時間を求める側は投資家の厳しい目により判断された時間価値を、国際化・柔軟な支払いが可能なブロックチェーンの技術により利用が可能になります。また、ブロックチェーン技術を利用することで時間の価格設定は公平に行われます。

このことで、時間を買う側は国内に縛られずに国外の技術を持った人の時間を購入でき、時間を売る側は能力に合わない価格設定にされてしまっている事を防ぐ事が出来ます。

効率的に人材確保ができる

個人個人のそれぞれ違った特技・専門性に対しての時間価値を投資家が明確にし、評価されます。買い手はその正当に評価された時間価値の相場で売り手の時間を購入することが出来ます。

求める企業側がどれだけの人材を求めているかというレベルに照らし合わせて求人することができるようになるため、効率の良い人員選択が可能になる事が見込まれます。人員探しから人員選択までの準備時間を短縮でき、本来の目的である業務開始までの工程に時短効果が生まれます。

BITFINEXへ上場している

2017年12月現在、TNBはBinanceを始め、「Huobi」「Bitfinex」「OKEx」「Bibox」「BigONE」「Coinbene」の合計7の取引所に上場しています。

その中のBITFINEXは大企業とされ、2013年に香港のiFInexInc社により設立され、手数料は国内より安めな設定・2段階認証のセキュリティに力を入れている・怪しいコインは取扱い無しといった信頼性を持っています。BinanceとBITFINEXでの取り扱いが可能になってから、今後の値動きの期待はまだまだ出来そうと言われています。

ICOから堅実な上昇を続け今後の成長にも期待大と予測されている

ICOで「トークン」と呼ばれる代替紙幣に当たる仮想通貨を発行し、開発資金等の資金調達が出来ますが、この始まりの時から上昇し続けているTNBは個人の時間価値の算出→買い手に提供という仕組みが多くの投資者に指示され、現代社会のトレンドとして推薦させていったのが感じられます。

TNBの個人の時間価値の決定・時間売買という目的が実現化されたら、更なる世界単位での技術向上・発展が見込め、ビジネス上で大事な「スピード感」ある業務の進行も同時に実現出来るでしょう。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

変化が多く、競争の激しい時代の中で生きていくには最短のスピードで技術を形に反映して仕掛けていく事がとても大事です。投資家が査定を行った信頼ある人員を可視化して公表する事で、企業が求めるレベルに合わせた求人の時間も短縮されることでしょう。

また、最適な人員選択による企業の技術や業務効率向上にも大きな期待が出来ます。

2018年1月の現状、まだシステムは開発途中ですが、一日でも早くこの仕組みを取り入れ今後の世界の発展のスピードや実態後のメリットをこの目で感じたいと強く願っております。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です