仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

BTC3回目のハードフォークBitcoin Diamond(BCD)の将来性と取引場まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事では「ビットコインダイヤモンド・ファウンデーション」が開発しているBitcoin Diamond(BCD)、その特徴や将来性について徹底調査しましたので報告したいと思います。

通貨名Bitcoin Diamond
通貨略号BCD
公開日2017年11月
時価総額順位1114位
発行枚数(上限枚数) 210,000,000 BCD
取り扱い取引所binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパー-

BCDの価格推移チャート







2017年11月
公開開始

2018年1月
10倍以上の大暴騰を見せる

BCDの基本情報

ビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond / BCD)は、2017年11月にビットコインから三回目のハードフォークで誕生した仮想通貨です。このビットコインダイヤモンドは今までのハードフォークとは違いビットコインと敵対するようスタンスではなく、ビットコインと共存できる仮想通貨として誕生しました。

また、発行量がビットコインの10倍である事やハードフォークの付与数も1BTCあたり10BCDとなっている点も注目されるポイントです。ただ、現在では取引所で付与しないと決めている所や、まだ検討段階の取引所もありますので、今後の動向には注意が必要になります。

BCDの特徴

・ブロックサイズは8MB
・手数料が安い
・10倍の通貨供給量
・ハードフォークされた理由が不透明
・長い目で見れば将来性はある

ブロックサイズは8MB

ビットコインダイヤモンドのブロックサイズは8MBで、ビットコインの1MBと比べて8倍のブロックサイズです。ブロックサイズが大きくなればそれだけ処理できる情報量も増えます。その為ビットコインの抱えているスケーラビリティ問題が解決でき、取引の完了までにかかる時間が短縮可能です。

なお、ビットコインでは長い間スケーラビリティ問題をどのように解決するかを課題としていました。そして、この課題に対する対立が表面化したものがハードフォークであり、ビットコインのハードフォークの歴史はスケーラビリティ問題と共にあったと言っても過言ではありません。

ビットコインダイヤモンドでは、ブロックサイズの上限を8MBにする事で送金の遅延問題を少なくしています。さらにビットコインと同じようにSegWitにも対応していて、ビットコインよりもスケーラビリティ問題により向き合った機能を実装している仮想通貨です。

手数料が安い

ブロックサイズが大きくなると送金遅延が解消される以外にもメリットがあり、それは手数料が安くなるという点です。ビットコインダイヤモンドなどの仮想通貨は、マイニングをしている人が決済の手伝いをしていて、その方たちが取引を記録する際には手数料がかかります。

しかし、ブロックサイズを大きくする事で一度に記録できる取引の数が増加し、ビットコインと比べてビットコインダイヤモンドは8倍の取引を1つのブロックに記録する事が可能です。

そのため、単純に考えても記録してもらう件数は8分の1に減少し、仮想通貨を利用した際に発生する手数料(マイナーへの報酬)が安くなるという事です。

10倍の通貨供給量

ビットコインよりも10倍の通貨供給量を目指しているビットコインダイヤモンドですが、これによってビットコインダイヤモンドの一枚当たりの価値は下がってしまいます。しかし、通貨供給量を多くする事にもメリットがあり、新たにビットコインダイヤモンドを所有するハードルが下がる事です。

例えば、仮想通貨Aが一枚あたり100万円だとして、仮想通貨Bが一枚あたり1万円だった場合どちらの方が購入しやすいかは一目瞭然です。もちろんそれぞれのコインの特性や将来性などによっても違ってくるのですが、最初の取っ掛かりである購入しやすさと言う意味では通貨供給は多い方が良いと言えます。

そして、新たに購入する為のハードルが低いと言う事は、市場全体の活性化にも繋がっています。そのため、ビットコインダイヤモンドを入口として「仮想通貨市場を活性化させる目的があるのではないか?」という見方をしている方もいます。

ハードフォークされた理由が不透明

実はビットコインダイヤモンドはハードフォークされた理由が不透明です。今までのハードフォークはスケーラビリティ問題に対応する為の「ビットコインキャッシュ」マイニングの偏りを解消する為の「ビットコインゴールド」などそれぞれハードフォークする理由がありました。

ビットコインダイヤモンドでもセキュリティの向上や、スケーラビリティ問題に対応するという目的でハードフォークが行われました。

しかし、突然のハードフォークや大幅な変更点が無い事、ドメインが匿名で取得されていたこともあり、仮想通貨に詳しい方の中ではスキャムコイン(詐欺目的の通貨)の可能性も指摘されています。

長い目で見れば将来性はある

不透明な部分はあるものの、スケーラビリティ問題に対応しているのは事実ですし手数料が安くなるというメリットもあります。また、現在では仮想通貨市場全体が成長傾向にある事から、ビットコインダイヤモンドも大きなトラブルが発生しない限りは成長が見込めるコインです。

さらに、有名なビットコインからのハードフォークという事で期待している方も多く、今後大きく値を上げる可能性も十分に考えられます。国内の取引所は慎重な姿勢をみせていますが、バイナンスではハードフォーク前から先物取引を行っていて、公式サイトによれば将来的には30近くの取引所に上場する予定です。

上記の通りビットコインダイヤモンドは、仮想通貨購入者の入口を広げる働きが期待できます。その為、ビットコインダイヤモンドから仮想通貨を始める方も増えるとされ、それが一般化すれば需要も高くなるので高騰する可能性は高いです。

ビットコインダイヤモンドの購入する際には慎重な判断が要求されますが、期待値は高いと言われ、大化けする可能性を秘めています。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

ビットコインダイヤモンドは、ビットコインの抱える問題点を解消するためにハードフォークされ生まれました。

将来性はあると言えますがよく分からない部分も多く、今後もビットコインではハードフォークが行われる予定である事から慎重な判断が要求される銘柄です。

なお、長期的に保有する場合でも短期的な取引で利用する場合でも、まずは少額から始めると言う方がほとんどなので、しばらくの間は低調が続くと予想されています。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です