仮想通貨をハック(攻略)するサイトです。最新ニュース、ICO、トレード情報を提供します。

まさにアプリストア通貨!AppCoins(APPC・アップコインズ)今後の将来性と取引所まとめ

   

どうも、クリプトハッカーです。

ラインでも情報配信しています。

この記事ではAptoide PTE社が開発しているAppCoins(アップコインズ)のその特徴や将来性について徹底調査しましたので報告します。

通貨名AppCoins
通貨略号APPC
公開日2017年12月13日
時価総額順位147位
発行上限枚数4億5000枚
取り扱い取引所Binance
公式サイト公式サイトへ
ホワイトペーパーホワイトペーパーへ

APPCの価格推移チャート







2017年
12月
AppCoins公開

APPCの基本情報

AppCoins(APPC)は、イーサリアムのブロックチェーン技術とスマートコントラクト技術を応用した分散型のオープンケーションストアです。

APPCを利用することにより、スマホアプリをより便利にするために生まれた仮想通貨で、一部の投資家から注目を集めています。

世界で約2億人ほどのユーザーを抱えている世界一のアプリストアAptoideでの導入が決まっており、今後の成長が期待できるでしょう。

現在のAPPCは、ICO終了から数か月程しか経っていませんが取引高が上位5位内に入っており、大手取引所の3社に上場しているのを見ると、APPCが成長すると期待されているのがわかります。

APPCの特徴

・AppCoinsを導入しているアプリなら決済ができる
・コスト削減
・健全なアプリ開発
・透明化

AppCoinsを導入しているアプリなら決済ができる

アプリケーション業界の中では課金率の低さが問題になっています。アプリに課金しているユーザーは全体の約5%ほどと言われており、その大きな原因として、アプリに課金する際に利用されている方法が、クレジット払いや、プリペイドカードなどが採用されていることが考えられるでしょう。

クレジットカード払いをするには、アプリストアなどにカード情報を登録しなくてはなりません。カード情報を登録するのが面倒くさい、カード情報を盗まれたら怖いから登録したくない、という声が多く登録の手間や、情報漏洩のニュースを見てからの恐怖心が、課金率の低さの原因でしょう。

LINEカードやiTunesカードなどに関しては、買いに行くのが面倒であったり、特定の金額を一気に課金することになるため、余分にお金を払わなければならないということから、プリペイドカードの利用を手間に感じる人が多いのではないでしょうか。

しかし、AppCoinsを利用することで、使いたい分だけを課金することができ、仮想通貨としても使えるという点から、ユーザーの課金率もあがるのではないかと言われています。

コスト削減

アプリの開発者とユーザーの間にはいくつもの仲介業者を挟んでいるため、余分なコストが多くかかっています。新しいアプリを開発した際には、色々な人に知ってもらうために広告を出さなければなりません。その広告を制作してもらうための費用は、自然と開発者の利益分から差し引かれることになります。

アプリを開発しても、利用者が居なければ意味がないため、ユーザーを常に獲得していかなければなりませんが、新規ユーザーを獲得するための広告費用が開発者の足を引っ張っているというのが現状です。

しかし、AppCoinsでは、ブロックチェーンとスマートコントラクトを利用することによって、仲介業者を挟む必要性がなくなります。ユーザー、アプリストア、開発者のみに利益が振り分けられるため、開発者に入る利益も増えるのです。

健全なアプリ開発

色々なアプリが毎日リリースされていますが、中には信用性に欠けるアプリ、ウイルスを潜ませているアプリなど、ユーザーをトラブルに巻き込むようなアプリも増えて生きています。

サクラしかいないマッチング系アプリでひたすら課金をさせようとするようなアプリなど様々ですが、このようなアプリが紛れ込んでいるため、ユーザー達は安全なアプリかを見極めなければなりません。

しかし、AppCoinsを利用することによって、開発者の履歴や経歴、レビューなどの情報をブロックチェーン上のトランザクション履歴に載せることにより、安全性を確保することができます。

現在インターネットでは、ユーザーネームやペンネームを使用しての活動が多いため、詐欺アプリの開発者や業者の被害にあった際に、犯人を特定することがとても難しいです。

身元の分からないような開発者が作ったアプリと、身元を公表し名の知れた開発者が作ったアプリとでは、明らかに後者のほうが安心して利用することができますし、評価されれば開発者のキャリアップにも繋がります。健全なアプリ開発はクリエイターにとっても、ユーザーにとっても嬉しいものと言えるでしょう。

透明化

現在のアプリ業界は、仲介業者がいたり開発者の身元を調べるのが難しい、レビューも業者によるものではないかという不安がいくつも上げられます。そんな不透明な状態ですが、AppCoinsではブロックチェーン技術が利用されているため、これまで不透明だった情報が、より透明化することが可能になります。

仲介業者の利用も必要なくなるため、信頼できる広告なのか、詐欺系の広告なのかという判断をする必要もなくなります。これにより、ユーザーはより安心してアプリを楽しむことができる環境になっていくでしょう。アプリの審査基準も不透明で、詐欺アプリの被害にあったという人も少なくありません。

AppCoinsの普及によって、これまで不透明で問題視されていた問題も次々と解決されていくのではないでしょうか。

扱っている取引所について

Binanceで購入することができます。

Binanceは、取引高世界一で信用性も高く、海外取引所なのに日本語にも対応しているので登録も簡単です。

多くのアルトコインを扱っており、BTCのハードフォークにもいち早く対応しており、仮想通貨で取引をする上で必須の取引所です。さらに取引手数料も激安で、本人確認も必要ないため登録しておきましょう。

 

まだ日本の取引所を開設していない方へ

日本の取引所を開設しないと、仮想通貨を購入することができず、Binanceで取引することができません。

まだ、日本の取引所を開設していない方は、ビットフライヤーを開設してください。

まとめ

アプリケーションの課金率を上げ、開発者の利益を増やし、より良いアプリを開発することで、発展途上にあるアプリケーション業界をさらに成長させていこうという目的で作られたAppCoins。

スマートフォンの普及に伴い、今後さらに加速ていくでしょう。

使いたいアプリがあるが手間がかかるから使わないでいたという人も、AppCoinsが浸透することで手軽に使えて便利というユーザーも増えてくるのではないでしょうか。

           
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です